◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
@民主党 川越市議会議員 片野広隆メールマガジン   (・_・)/
◆平成17年6月21日号 「メルマガ再開のご報告」「6月定例会報告」
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「メルマガ再開のご報告」

皆様ご無沙汰いたしておりました。
約半年間に渡って、メールマガジンを休止させていただいておりました。
この半年間の近況報告もかねて、メールマガジン再開のご報告とさせて
頂きたいと思います。

昨年の10月10日、我が家に女の子が誕生しました。
妊娠7ヶ月目に入ってすぐ、814グラムという超低体重出生児
(いわゆる未熟児)として、この世に生を受けました。
その後、小さな体で呼吸障害や未熟児網膜症・先天性の感染症など
多くの壁を乗り越えて、約4ヶ月の入院を経て、先ごろ自宅へ帰ってまいりました。

子供が入院していた4ヶ月を含めたこの半年間は、私自身にとって
かけがえの無い経験と多くの勉強をさせて頂く機会となりました。
今回の経験を今後の議員活動に少しでも活かしていくと共に、
メールマガジンを再開させていただく事をご報告させて頂きます。


「6月議会での質問要旨」

6月2日から6月23日の予定で川越市議会第3回定例議会が開会
しております。(予定としたのは閉会日が変更になる可能性があるからです。)

今回の議会では、継続審査の議案も含めて45議案を審議しています。
その中でも今回の目玉は、現在川越市の関連団体に業務委託している
公共施設の管理を「指定管理者制度」という制度を導入していく事で、
個人を除く団体や法人の参入を促進し、管理経費の削減やサービス向上
を図っていくという議案が14議案提出され、審議しています。

又、今議会での私の一般質問は下記の3項目について質問させて頂きました。
@「電子計算機による業務の維持管理について」
A「川越市の教育行政について」
B「行政改革のための新たな指針について」

@「電子計算機による業務の維持管理について」では、先般新聞報道でも
各省庁について大きく取り上げられていましたが、川越市の庁内の
コンピューターシステムの維持管理における業者選定が、透明性や
競争性を持って適正に行われているのか?という内容で質問しました。

その中でも、SE(システムエンジニア)の常駐派遣について、川越市では
3社と契約しているうちの1社とは、約10年前から随意契約を継続して
結んできた事実や、この3年間は委託料が1円も変わらず同額で契約
している点を指摘し、今後の事務委託の見直しや、競争入札も踏まえた
透明性・競争性をもった契約に変更していくよう求めました。


A「川越市の教育行政について」では、先日川越市内の小中学校で起きた
教職員事故について取り上げました。
中でも、市内の小学校で起きた教師による女子児童への接触事故は、
子供の心に将来に亘って大きな傷を残す事になりかねない重大な問題です。
今年度から新しく就任された教育長に、保護者と学校との信頼関係の根幹
を揺るがすような今回の事件の再発防止に向けての対応と、今後二度と
学校内で児童生徒が被害に遭うような教職員による事故が起こらないよう
強く要望しました。


B「行政改革の推進のための新たな指針について」では、平成17年3月29日
付けで、総務省事務次官から通知された、
「地方公共団体における行政改革推進のための新たな指針の策定について」
という文書に基づいて質問をさせていただきました。
今回の通知の特徴は、各地方公共団体において新たな行政改革の計画を
策定し、平成17年度中に市民に公表しなさいというものです。
その中では、職員数の適正化や各種手当の見直し、市民に理解が得られる
福利厚生の実施状況の公表も求められています。

これらの内容を平成17年度中に計画を策定し、公表していくには少し時間が
足りないのではないかという印象を受けましたが、川越市も計画の策定、
公表に向けて鋭意取り組んでいくとの答弁を受けました。


今回は上記3項目について取り上げ、質問させて頂きました。
しかし、川越市にはまだまだ多くの課題が山積しています。
このメールマガジンをご覧になった方の中には早急に取り上げてもらいたい
事がある方も少なくないと思います。
皆さんの身近な行政問題や是非取り組んでもらいたい課題等がありましたら
是非、メールでも郵便でもかまいませんのでお寄せいただければ幸甚です。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
@配信について
このメールマガジンは、片野広隆に
アドレス入りの名刺をお渡し下さった方、メールを下さった方、
ホームページから配信申込みをされた方、
配信システムにご登録していただいた方
に配信させていただいております。

◆ご登録と解除について
配信システムをご利用の方は、ご利用している配信システムにて
お願いします。
それ以外の方は、mail@h-katano.comまでメールを下さい。

◇FAX配信
メールを受信できない方には、FAXにて配信させていただいており
ます。又、解除を希望される方は、後援会事務所までご連絡下さい。

◆バックナンバー
バックナンバーはホームページ上で公開しています。

==========================================================
■発行者:民主党 川越市議会議員 片野ひろたか(広隆)
■ホームページ:http://www.h-katano.com
■E-Mail: mail@h-katano.com
■後援会事務所 川越市霞ヶ関東1-16-18紫野ハイツ108号室
TEL:049-239-5033/ FAX:049-239-5071
==========================================================