◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
@民主党 川越市議会議員 片野広隆メールマガジン   (・_・)/
◆平成16年6月5日号 「自治体はどこまで守ってくれるの?DV編」
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

梅雨時とは思えないくらいの晴天と暑い日が続いています。
7月11日が投票日の第20回参議院議員選挙もいよいよ中盤に入り、
各陣営や新聞テレビの報道にも熱が入ってきた感じがします。
年金問題や自衛隊の海外派兵、長引く不況への対策など解決しなければ
ならない問題は山積しています。
与野党を問わず、これらの問題に真摯に取り組む候補者を私達が
選ばなければ、そのシワ寄せは自分達に返ってくることは間違いありません。

さて、表題に戻りますが参議院選挙報道に負けないぐらい新聞紙上には
強盗・殺人・傷害事件を報じる記事が連日、掲載されています。
その中には夫婦間や恋人同士の間での暴力(DV=ドメスティックバイオレンス)
を事の発端にした事件も少なくありません。
今回は、先月閉会した国会で成立し、今年の12月から施行される
配偶者や恋人からの暴力を防ぎ被害者を保護するDV防止法の改正法
を柱に、川越市の実態と課題について書いていきます。

DV防止法とは、裁判所の保護命令によって配偶者や恋人から暴力を
受けた被害者を保護する目的で、2001年10月から施行されました。
今回の国会で改正されたポイントは、
  @離婚した配偶者や別れた恋人も裁判所に保護申し立てができる。
☆A保護命令の中で、接近禁止の対象に子供も含める。
☆B被害者の自立支援を、国や自治体の「責務」とする。
  C加害者への退去命令期間を2週間から2ヶ月間に拡大する。
  D暴力の定義に乱暴な言動などの精神的な暴力も含める。
・・・などが主な内容です。

川越市内の現状として、昨年平成15年度に寄せられたDV相談件数は
168件です。埼玉県になると3164件にものぼります。
また、DV被害者には子供がいるケースが殆どで、その割合は8割を
超えているのが実態です。
川越市では相談窓口として、役所内の男女共同参画課と子供家庭課、
役所外では、女性会館とクラッセ川越内のカウンセリングルームで対応
しています。
ここでも、全ての相談者に対して適切なアドバイスが為されているか?
窓口担当者の心ない言動により更に傷つくなどの二次被害の問題や、
広報不足から、まだまだ一人で悩んでいるDV被害者が多くいるのでは
ないかというような課題が残されています。

実際、DV加害者のもとから逃れたり、裁判所から保護命令を受けても、
DV被害者には、家や職探しに始まり、健康保険証の申請、新たな銀行口座
の開設、子供がいれば保育園探しや転校手続きなどなど、生活していく上で
必要な手続きが山ほどあり、暴力で疲れきった心を更に疲弊させる
原因になっていたり、暴力から逃れる事を躊躇わせる要因に
なっている事も少なくないと感じる。

今回のDV防止法の改正法では、国や自治体の責任の中に、
「暴力の防止と被害者の保護」だけでなく、「被害者の自立支援」を明記した。
これからの地方自治体は、DV被害者に対して精神的なアドバイスや
法的手続きの説明だけでなく、住宅の確保や就業支援、また、
保護後の生活に対しての適切な助言や情報提供を、親身になって
取り組んでいかなければならない。

世の中の家庭や恋人同士の数だけ、大なり小なりこうした問題は存在
していると思う。
これからの地方自治体は、民間の支援団体とも協力しながら、
DV被害者それぞれのケースに耳を傾け、寄り添いながら問題解決に
むけた有効な支援や対応をしていかなければならない。
川越市にとっても、大きな課題であると同時に、早急に解決していかなければ
ならない問題だと感じているし、具体策を提案していきたいと思う。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
@配信について
このメールマガジンは、片野広隆に
アドレス入りの名刺をお渡し下さった方、メールを下さった方、
ホームページから配信申込みをされた方、
配信システムにご登録していただいた方
に配信させていただいております。

◆ご登録と解除について
配信システムをご利用の方は、ご利用している配信システムにて
お願いします。
それ以外の方は、mail@h-katano.comまでメールを下さい。

◇FAX配信
メールを受信できない方には、FAXにて配信させていただいており
ます。又、解除を希望される方は、後援会事務所までご連絡下さい。

◆バックナンバー
バックナンバーはホームページ上で公開しています。

==========================================================
■発行者:民主党 川越市議会議員 片野ひろたか(広隆)
■ホームページ:http://www.h-katano.com
■E-Mail: mail@h-katano.com
■後援会事務所 川越市霞ヶ関東1-16-18紫野ハイツ108号室
TEL:049-239-5033/ FAX:049-239-5071
==========================================================