11月30日(水)
議会運営員会が開催されました。
一般質問の通告が昨日締め切られ、今議会では25人の議員が一般質問で登壇する事が確認されました。

11月29日(火)
昨日に引き続き、本会議が開会され、議案に対する質疑が行われました。
本日は私も登壇し、議案第80号「自転車駐車場の指定管理者の指定」議案に対して質疑を行いました。
この議案は2005年の12月議会でも上程され、私はこの時も質疑を行い、①選定委員会のメンバーが市の部長で占められ②会議が非公開③副市長(当時は助役)が理事長をしている団体が選定されるのは、市民から見て決して公正な見方はされないと指摘しました。
また、指定管理者制度とは公共施設の管理運営に民間のノウハウを導入していく目的であるにもかかわらず、公設自転車駐輪場管理に管理人数の指定や印刷物の指定など細部に亘って川越市が指定を行っている事は、当初の目的が破たんしていると指摘しました。
6年の歳月が過ぎ、契約更新の為の議案が今議会に上程されてきましたが、選定過程や経過の中身を問い質すと、6年前に比較し何ら改善がなされず身内が身内を選定している実態が明らかになりました。
今回の自転車駐車場の指定管理者の指定に関する議案に関しては、民間企業の参入に寄りノウハウの導入などど綺麗な事を謳いながら、実態は身内の選定委員による非公開の会議の中で、川越市から補助金を交付されている団体がその強みをいかして低価格で川越市から指定管理者の仕事を落札していくという信じがたい行為が平然と続けられています。
6年前の市長と現在の市長は、途中の選挙で交代しているにもかかわらず、こうした不透明かつマイナスの行政の継続性は確りと引き継がれている実態がより鮮明となりました。
今後、この議案については文教常任委員会の場において審査が進められていく予定です。

11月28日(月)
市委会本会議が開会され、議案質疑が始まりました。
学童保育料の見直しに関する議案には、我が会派からは山根議員が登壇し執行部を問い質しました。
昭和62年から一度も見直しが行われてこなかった川越市の学童保育料と、公設公営でありながら保護者会や学保の会という任意団体に運営面で頼り過ぎていたものを、保育料の見直しとともに公設公営の原点に立ち返り川越市が責任を持って学童保育を運営していくと、川合市長は答弁で明らかにしました。
本会議での質疑を経て、文教常任委員会に付託され審査が進められる予定です。

11月27日(日)
小江戸川越マラソン2011のFUNRAN(4km)の部に、小学1年になった長女と2人で出場してきました。
途中で歩くこともなく最期まで力走してゴールした娘の力強さに成長を感じました。
走り終わった後は、私の方が疲れていたのが現実です。

11月26日(土)
小江戸川越マラソン2011の前日受け付けを済ませ、ゼッケンを頂いてきました。
「21301」を見かけたらお声掛けください。

11月25日(金)
議案調査日。
市長から上程された議案を持ち帰り各議員が議案内容を精査します。
私は、議案第80号「自転車駐輪場の指定管理者を指定する議案」について質疑を行う予定です。

11月24日(木)
川越市議会第5回定例議会の開会日。
午前中は、議会運営委員会が開催され、議会初日の議事次第などが確認されました。
午後1時より、知的障害をお持ちの方々で結成されている音楽グループ「いちご」の皆さんによる議場コンサートが開催され、素晴らしい演奏を聞かせて頂きました。
午後2時より本会議が開会され、市長より学童保育室の保育料の見直し議案など21議案が上程されました。
今後23日間の会期で、議案の審議が進められていきます。

11月23日(水)
川越市施設管理公社が主催するふれあいソフトバレーボール大会に参加してきました。
36チーム募集していたのに、参加チームが15チームと、とても規模の小さな大会となりました。
参加者の年齢条件がある大会なので、若い参加者は少なくゆったりとした大会なのが特徴です。
怪我もなく、日頃の運動不足を多少なりとも解消できた1日でした。

11月22日(火)
昨日に引き続き、東上線霞ヶ関駅北口にて活動報告の配布活動。
一段と冷え込んだ朝となり、ご挨拶させていただくときも口が思うように開かない状況でした。
午後から東京グランドホテルで開催された民社協会全国地方議員研修会にさいたま市議の熊谷議員とともに参加してきました。
党税調会長代行の中野寛成議員から税制改正と今後の地方税制について解説が行われました。
これまでも感じてきた事ですが、国会議員は地方自治体の財政や税源移譲など本気で考えてはいないと強く感じました。
解説を聞いていてあんまり腹が立ったので、その後の懇親会をキャンセルして川越に戻りました。

11月21日(月)
東武東上線霞ヶ関駅南口での駅頭活動からスタート。
活動報告を配布させて頂きました。
川越市廃棄物減量等推進審議会で審議されている家庭系ごみの費用負担について特集その②と題して、ごみ収集・運搬の実態を掲載させて頂きました。
今後もこの問題について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

11月20日(日)
UIZ埼玉県支部の運営評議会に出席。
山根外務副大臣と水村県議も同席しました。
私からの市政報告の中では、今議会で市長から提出が予定されている市立学童保育室の保育料の見直しに関する議案について触れさせて頂きました。
20数年ぶりに見直しが図られる今議案は、第5回定例議会の中でも様々な議論が展開されると予想されます。
16年間に亘る舟橋(前)市長の下で、利用料を見直すべき時に見直してこなかった行政のツケが、川合(現)市長の下で表面化してきたと言えるのかもしれません。
私も議員の一人として、この問題については議会の場でしっかりと議論していきたいと考えています。

11月19日(土)
小雨が降る中、川越市総合卸売市場で開催されていたレインボーまつりに伺って来ました。
川越市をはじめ周辺自治体が特産品を持ち寄って様々なものが物産されていました。
鶴ヶ島市名物?の「茶ラーメン」と、坂戸市名物?の「コロッケ」を購入し、食しましたが意外と旨いというのが第一印象でした。
特に「茶ラーメン」はサッパリしていて美味でした。

11月18日(金)
会派への議案説明会。
我が会派はプロジェクト川越21と一緒に説明を受けました。

11月17日(木)
議会運営委員会に出席。
11月24日から始まる川越市議会第5回定例議会の議事次第や議事順序、提出予定議案などを確認。
午後から浦和で開催されていた連合埼玉躍進パーティーに出席。
宮本前会長から小林会長にバトンタッチがなされ新たな布陣で埼玉県内の労働運動が展開されていきます。

11月16日(水)
連合川越・西入間地域協議会の役員の皆さんと推薦議員5名で川越市長への政策制度要請を行いました。
産業・雇用政策から教育・福祉施策など政策は多岐にわたりますが、今後のまちづくりに欠かせない内容となっています。

11月15日(火)
議会運営委員会に出席。
議会のインターネット中継について協議し、放送内容など大筋で合意。
今後は中継する為の設備改修など費用面での協議が行われていく予定です。

11月14日(月)
川越市廃棄物減量審議会に出席。
市長から諮問されている家庭系ごみの費用負担について協議。
他の委員の質疑に対して、今回の費用負担の第一義が当初のごみ排出抑制にかわって、ごみ処理費用の公平負担であるかの様な答弁がありました。
まずは有料化ありきでその目的や意義を軽く考えている担当部局の目論見が少しずつ明るみになってきた気がします。

11月13日(日)
子供達を連れて高坂の埼玉県こども自然動物公園へ。
2歳になった次女もだいぶ動物達に反応するようになってきました。

11月12日(土)
市外研修から戻り、市民相談対応。
様々な所に相談しても尚、解決できないで相談に来られる方が多いのでお聴きはするものの難しさに頭を抱える事が少なくないです。

11月11日(金)
公務で出席できない定期大会へのメッセージを届けた後、市外研修へ。

11月8~10日
川越市議会の産業建設常任委員会の県外視察。

11月7日(月)
午前中、川越の氷川神社で長女の七五三の御参り。
午後から産業建設常任委員会の県外視察の準備。

11月6日(日)
川越市保健センターで開催された川越市健康祭りのオープニング式典に参列。
薬剤師会をはじめ市内で活動する多くの団体が参加して、健康づくりのアピールをしていました。
その後、社団法人実践倫理宏正会川越支部のファミリーの集いを覗かせて頂きました。

11月5日(土)
時間が出来たので家の掃除と買出し。

11月4日(金)
UIZ加盟単組の定期大会に出席。
4月の統一地方選で3期目の当選を果たし、決意も新たに今後の活動についてお話しさせて頂きました。

11月3日(木)
川越総合運動公園で開催された生涯スポーツフェスティバルの開会式に参列。
晴天に恵まれ、多くの参加者で盛り上がっていました。

11月2日(水)
今月末から始まる第5回定例議会の準備に取り掛かる。

11月1日(火)
今年も残すところ2ヶ月となりました。
このホームページもなかなか更新できずに申し訳ありませんでした。
溜まりにたまったこのページのホっと一息を20ヶ月分まとめて他のホッと一息ページに移動させました。
2011年も残りわずか、やり残したことが無いように確りと活動していきたいと思います。