9月30日(金)
所用が重なりUIZ埼玉県在住者の会に参加できませんでした。
次回は必ず!

9月29日(木)
民主党埼玉県第7区総支部の定期総会が開催されました。
一昨年の政権交代で寄せられた有権者の皆さんの期待と思いを改めて認識し、国政・県政・市政と連携して地域主権の実現にまい進していくことを確認させて頂きました。
ご参加いただいた党員・サポーターの皆さん有り難うございました。

9月28日(水)
連合川越・西入間地域協議会の皆さんと東日本大震災に対する義援金カンパ活動を川越駅東口で行いました。
多くの方にご協力を頂き、有り難うございました。
集まった義援金は連合埼玉を通じて、被災された方々へお届けさせて頂きます。

9月27日(火)
川越地区消防議会の第3回定例議会に出席。
一般質問を行い、川越地区消防局が行っている救命講習について問い質しました。
現在、行われている救命講習は組合管内に在住若しくは在勤・在学者が受講資格となっていますが、川越市内で活動する各種団体に対して団体講習を行う時、市内在住でない方には修了証が発行されない事になっています。
高い意識を持って人命救助やAEDの操作方法を川越市内で学んで頂いた方々に対して、その方の居住地で区別するような実施方法に対して実施要綱の改定を求めました。
また、救命率の向上を目標としている消防組合として現在15名以上の団体に対して行っている救命講習も条件緩和をし、広く市民の皆さんに救命講習を受けて頂けるように要望しました。
執行部からは、新たに国の要項が見直される時期なのでそれに合わせて救命講習の実施要綱を見直していくとの答弁がありました。

9月26日(月)
市役所にて市民相談に対応。

9月25日(日)
消防議会での一般質問の原稿準備。

9月24日(土)
私が山根議員の秘書を務めていた頃から大変お世話になってきた方の送別会に参加。
2年間の海外滞在となるとの事でした。慣れない土地での生活になりますが、ご活躍とご健康を祈るばかりです。
またお会いできる日とお土産話を楽しみにしています。

9月23日(金)
家族で東武動物公園に行って来ました。
頭以外丸刈りにされた夏仕様のアルパカには正直驚きましたが、普段目にする事の無い動物達を見て子供達も喜んでいました。

9月22日(木)
川越市議会第4回定例議会の最終日。
午前10時から議会運営員会が開催され、最終日の議事日程・順序などが協議されました。
また、議会会派「プロジェクト川越21」からは、過日記載させて頂いた公職選挙法に抵触する行為を行い、本人も認識していながら反省はおろか議会人として何ら責任ある対応を取ってこなかった三浦邦彦議員(自民クラブ)に対する問責決議案の提案がなされました。
川越市議会では議会運営員会を通す議案は全会一致の申し合わせがあるので、三浦議員が所属する自民クラブが反対するかと思われましたが、自民クラブ議会運営委員は一言「仕方ないですね。」と言い放ちました。
市長提出議案と追加提出議案の採決が終わり、提出者に石川議員、賛成者にその他の議会運営委員全員(自民クラブの委員を含む)が名を連ね、「三浦邦彦議員に対する問責決議(案)」が本会議に上程され、退席者(本人含め3名)を除き全会一致で可決されました。
十数年ぶりに可決された「三浦邦彦議員に対する問責決議」は、職を辞する事も含めた反省を求めるという大変厳しい内容になっています。
今年の4月に行われた川越市議会議員選挙で初当選したばかりの議員が、この様な恥ずべき決議を受けるのは川越市議会の歴史を見ても前代未聞だと思います。

9月21日(水)
午前中は市民相談対応3件。
今後の台風の様子が心配です。

9月20日(火)
議会運営委員会に出席。
かねてより問題となっている、地域で自治会長を務める川越市議が起こした公職選挙法に抵触する行為に対する議会対応について協議。
問題議員が所属する該当会派以外の全会派が反省文書の提出と責任ある対応を求めてきましたが、本人ならびに該当会派は其の全てを拒否した為、協議は決裂しました。

9月19日(月)
総支部の幹事会に出席。
支部の定期大会についての打ち合わせ。

9月18日(日)
家の掃除と日用品の買出しと子供の相手。

9月17日(土)
ソフトバレーボールの練習。

9月16日(金)
霞ヶ関北地区の老人会「福寿会」の45周年記念式典に出席。
参会者の最高齢は96歳の女性でしたが、矍鑠としたご様子にこちらの方が活力を頂きました。
皆さんの元気なご様子に自然と笑顔がこぼれる楽しい時間を過ごさせて頂きました。

9月15日(木)
常任委員会開催日。
川越市議会に設置されている4つの常任委員会が同日開催されました。
私は副委員長を務める産業建設常任委員会に出席しました。

9月14日(水)
川越市議会本会議(一般質問4日目)
本日で予定していた24人すべての議員の一般質問が終了しました。

9月13日(火)
川越市議会本会議(一般質問3日目)
本日一般質問で登壇しました。
今回は「川越市の入札制度の現状と課題」と題して質問を行いました。
昨年末、川越市が行った最低制限価格の計算式の改定を巡り、矛盾を指摘しました。
厳しい社会情勢の中で国や埼玉県は制限価格の引き上げを進めていますが、川越市も同様にしていくと言いながら今回の改定では制限価格の実質引き下げを平然と行っています。
市の言い分は、最低制限価格を下回った企業の積算努力を活かす為と言っていますが、この文言が制限価格を引き下げを市として容認している事実を裏付けています。
一方で、厳しい社会情勢を鑑み最低制限価格の引き上げを行っていく方向ですと平気で答弁する行政側執行部の態度には呆れてしまいました。
最低制限価格制度では、制限価格を下回る企業の積算努力の救済と制限価格引き上げを並行して行う事は不可能で矛盾していると指摘し、「最低制限価格制度」と「低入札価格調査基準価格制度」の併用による川越市の入札制度の改善に取り組むように求めました。
また、今後川越市の独自基準での運用が予定されている総合評価方式による入札において、評価項目に障がい者雇用や若年層の採用実績、定年延長などを入れ込むように要望し、川越市も検討していくとの事でした。

9月12日(月)
川越市議会本会議(一般質問2日目)

9月11日(日)
7回目の結婚記念日を迎えました。
特にイベントはありませんでした。

9月10日(土)
大東地域の支援者宅で相談対応。
夕方から建設埼玉川越地区本部の執行部の皆さんとの意見交換会に出席。

9月9日(金)
川越市議会本会議(一般質問初日)

9月8日(木)
議会運営委員会に出席。
昨日締め切られた一般質問の項目確認。
24名の議員が今議会で一般質問を行う予定です。
東日本大震災や原子力発電所事故に関する表題が目立ちます。

9月7日(水)
一般質問の通告締切日。
今議会では「川越市の入札制度の現状と課題」と表しての質問を行います。

9月6日(火)
川越市議会本会議(議案質疑2日目)

9月5日(月)
川越市議会本会議(議案質疑1日目)

9月4日(日)
的場にある通信興業労働組合の定期大会に出席。
今開催されている川越市議会の報告をさせて頂きました。

9月3日(土)
ソフトバレーボールの練習で汗を流す。

9月2日(金)
議案調査日。
市内の道路環境についての相談対応。

9月1日(木)
午前10時より議会運営員会が開催され今議会の議会日程や初日の議事順序などが確認されました。
午後1時より議場コンサートが開催され、午後2時より本会議。
市長から議案の提案理由の説明がなされました。
今議会の議案の中心は平成22年度一般会計・特別会計の決算審査がメインとなります。