6月30日(木)
約7年振りにお会いする方と市役所の控室でお話しをさせて頂きました。
変わらないご様子で一安心しました。

6月29日(水)
市民相談対応ならびに議会報告作り。

6月28日(火)
後援会に入会させて頂いている児童養護施設「埼玉育児院」の後援会総会のご案内を頂いていたのですが、他の公務が入ってしまい出席できませんでした。
様々な理由で両親や保護者と一緒に暮らす事が出来ない子供達に家庭や家族の暖かさを感じてもらう為の里親制度がもっと広く普及していくことを願っています。

6月27日(月)
顧問を務めさせて頂いている「青少年を育てる霞ヶ関北地区会議」の総会に、同じく地元の桐野ただし議員とともに出席。
平成22年度の活動報告や決算報告と平成23年度の予算・活動予定などが協議され承認されました。
小学生の体験作文発表会など地域と学校が協力しながら子供たちの成長を見守っていく活動が進められていきます。

6月26日(日)
定例議会が終わってから体の調子を崩し、発熱に見舞われていたのですがこの週末で悪化。
家族にうつさないように、家の中でじっとしていました。

6月25日(土)
地元地域での市民相談対応。

6月24日(金)
川越地区消防組合議会に出席。
川越市議会から10名が選挙で選出され、川島町議会からは3名が加わり計13名で議会が構成されています。
消防議長に江田議員、副議長に森田議員、監査委員に清水議員が選出されました。
議案では救助工作車の購入契約議案が原案可決され閉会となりました。

6月23日(木)
明日に控えた川越地区消防組合議会の準備。

6月22日(水)
午前中から始まった議会運営委員会での協議が紛糾し、午後1時から開会予定だった本会議が大幅に遅れての開始となりました。
当初9議案提出されていた議案は、市長側より2議案が撤回となり7議案を原案可決し、その後、監査委員の人事案件が1件提案され同意されました。
本来であればもう1件人事案件が予定されていましたが、ここで本会議が休憩となり議会運営員会が再開されました。
この議会運営員会の中で、新たに自民クラブ所属議員のホームページ上に選挙での当選御礼が記載されているとの指摘がなされました。
協議を進める中で、午後5時の本会議の時間延長をすることもかなわず、第3回定例議会は流会となってしまいました。

6月21日(火)
日頃からお世話になっている先輩と夕食を共にさせて頂きました。
久しぶりに楽しい時間を過ごしました。

6月20日(月)
議会運営委員会に出席。
過日も記載しましたが、新人議員が自ら自治会長を務める自治会報に川越市議会議員選挙での当選御礼の文章を記載した問題で、各会派からは今回の問題についての説明文書の提出をこの議員が所属する自民クラブに求めてきましたが、自民クラブからは説明文書などは一切出すことはできないとの答弁がありました。
議員として活動していく上で最低限のルールを守る事が出来ない上に、自らの問題を説明しようともしない議員や自民クラブの姿勢に各会派の代表発言者は呆れ果ててしまいました。
この件については継続協議となりました。
また、議会運営委員長からは今後の議会改革についての協議を進めるにあたり、各会派から改革事項を提出して頂きたい旨の発言がありました。

6月19日(日)
自宅の掃除と日用品の買出し。

6月18日(土)
なんだか体の調子が悪いです。

6月17日(金)
市民相談対応

6月16日(木)
市役所控室で定例議会の報告書作りに着手。
夕方から地方議員団の臨時総会と労働局会議が入っていましたが、市民相談対応で急きょ欠席しました。

6月15日(水)
常任委員会開催日。
私は所属する産業建設常任委員会に出席。
正副委員長の互選が行われ、この度、産業建設常任委員会の副委員長に就かせて頂きました。
今議会で上程された議案審査を行い始めてすぐ、市道路線の認定議案で委員会審査が滞りました。
議案質疑に対する執行部側の答弁が曖昧なうえ、答弁の訂正や確認作業の為の休憩が幾度となく挿まれ議案そのものの正当性が疑問視され始めました。
他の議案は全て質疑を終え採決の末、原案可決しましたが、問題視された議案は最終的には市長から議案撤回の申し入れが起こる事態となりました。
議案撤回は産業建設常任委員会の中では了承されましたが、議会に上程されながら本会議や常任委員会での審査に耐えられないような議案を提出してくる市長を始め川越市執行部の姿勢が露呈した結果となりました。

6月14日(火)
川越市議会本会議(一般質問5日目)
今日で通告した25人すべての議員の一般質問が終了しました。
初当選した新人議員さんでも確りと問題点や質問を組み立て、緊張しながらも必死に発言した方もいれば、同じ新人議員でありながら今議会で一般質問に立たない議員も2名いました。
通告し登壇するしないは自由ですが、選挙で政策を訴え初当選し議会での発言の権利を得たのに本会議場で何も発言をしない議員は何を考えて議席に座っているのでしょう?
とはいえ、私達再選組も新人議員から何をやっているんだと言われないように確り気を引き締めて議会活動に取り組んでいかなければと考えています。

6月13日(月)
川越市議会本会議(一般質問4日目)

6月12日(日)
日常品の買出しと家の掃除。

6月11日(土)
連合川越・西入間地域協議会の組織代表者会議に出席。
地域の組合の組合員の皆さんや地方議員を始め、連合推薦の国会議員も五十嵐文彦財務副大臣を始め4名参加されていました。
国会議員の話の中身は、きっと私達の生活に欠かす事のできない重要な話をしてくれているのだと思うのですが、なぜか残らない。

6月10日(金)
川越市議会本会議(3日目)
本日は片野も一般質問で登壇させて頂きました。
過日掲載させて頂いた「歩道整備の現状と考え方」と「総合卸売市場㈱の諸課題」について一般質問を行いました。
歩道整備については、現状の整備状況の確認と今後の考え方を質し、市が主体的に整備計画を策定し歩道整備を進めていくよう求めました。
総合卸売市場㈱の問題については、川合善明川越市長に対して、「川越市民の代表」・「川越市の市長」として不正経理を行っていた時の当時の市場社長である(前)川越市長の刑事責任を告発する政治決断や考えはあるのか?という質問を行いました。
川合市長からは、議会や議員が告発すれば良いのではないかなどという無責任・責任転嫁とも取れる答弁や「逡巡」することも政治決断だと考えている旨の答弁がなされました。
川合市長が我々議員に手紙で示した公訴時効まで3カ月弱を残すばかりとなりましたが、川越市民の34万人の代表である川越市長がこの問題に対して今後どのような政治決断をすることができるのか注視していきたいと考えています。

6月9日(木)
川越市議会本会議(一般質問2日目)

6月8日(水)
本日も議会運営員会からのスタートです。
昨日の一般質問の確認で協議事項となっていた案件の処理を巡り、本会議の開会予定が大幅に遅れる結果となりました。
午後2時過ぎから本会議がようやく開会され一般質問が始まりました。

6月7日(火)
議会運営員会が開催され、昨日締め切られた一般質問の通告一覧を確認しました。

6月6日(月)
本日で一般質問の通告が締め切られ、25名の議員から通告書が提出されました。

6月5日(日)
蕨市議会議員選挙の投開票日でした。
仲間である「おおしま公一」候補も皆さんのご支援を頂き、再選する事が出来ました事を謹んでご報告させて頂きます。

6月4日(土)
霞ヶ関東小学校の運動会の開会式に出席。
その後、埼玉県主催の植樹祭に参加し、自宅に戻って着替えを済ませ再び霞東小の運動会へ。
子供を通学させる一人の保護者として、運動会に参加してきました。

6月3日(金)
本会議での議案質疑が始まりました。

6月2日(木)
議案調査日の為、休会。

6月1日(水)
午前中に議会運営員会が開催されました。
今期に当選した議員の一人が、自らが自治会長を務める自治会の会報の中で選挙での当選に対する御礼の文章を掲載・発行したのではないか?との問題提起があり、協議が始まりました。
事実関係の確認も含めて今後協議が進められていく予定です。
午後、川越市議会第3回定例議会が開会しました。6月22日までの間、市長より上程された議案の審議がされていく予定です。