1月31日(月)
軽自動車が車検から戻ってきました。
これまで乗っていた車から仕事道具を積み替えて、早速仕事へ。
これまでの車に比べると排気量が少なくなった分パワー不足は否めませんが、燃費が格段に良いので納得です。
川越市内は市域が広い上に、中心地は道も狭く入り組んでいるので小さい車の方が入りやすい所が多いのが実情です。

1月30日(日)
市内への挨拶回り。
午後から事務所内の片付けと来週の予定の確認。

1月29日(土)
事務所開設の準備。
事務机やパイプ椅子その他の雑用品など、大量搬入しました。
搬入を終えると、配置や拭き掃除などなど、人手がないので全部自分でやらなくてはならないのが悩みです。
少しずつではありますが、4月に向けた準備が着々と進行中です。

1月28日(金)
車検が切れて使用していなかった軽自動車を整備に出しました。
4月の統一選に向けて市内を動く頻度が高まってきているので、この機会に燃費の良い車にチェンジです。
夕方からは、事務所開設に向けた準備の為、2tトラックをレンタル。
大量の事務机や椅子などの搬入が始まります。

1月27日(木)
昨日のアジアカップサッカー全日本の健闘と勝利を心からお祝いしたいと思います。
川島選手の好セーブを、テレビの前で興奮しながら見ていました。
決勝戦も厳しい戦いになると思いますが、個々の実力とチームの全体力で優勝を掴み取って頂きたいと思います。

1月26日(水)
所属をさせて頂いている埼玉民社協会と旧同盟系の労組で組織する埼玉友愛連絡会の新春の集いに出席。
今年の4月の統一選に挑戦する現職・新人の仲間も多く参加していました。
埼玉民社協会の会長を務める野木実衆議院議員からは「埼玉民社に集う多くの仲間の全員の必勝を期して全力で活動していきたい。」とのご挨拶があり、参加していた同志の決意も新たに各地域に帰って行きました。
1月も既に残すところあと数日となりました。寒さももう一段厳しくなってきますが体力と気力を振り絞って頑張っていきたいと思います。

1月25日(火)
今日から1月25日号の広報川越が配られる地域が多いと思います。
今回の広報の中には「川越市議会だより」も挿み込まれているのでぜひご覧ください。
今回の議会だよりでは、通常の議案採決の結果や議案内容、議員による一般質問のほかに昨年の12月議会で行われた議会改革についても概要が掲載されています。
川越市議会議員の定数を現行の40名から今年4月に行われる川越市議会委議員選挙で36名に削減する条例改正、調査費や視察費など議員に係る経費の節減、議長交際費の公開などによる透明化などが紹介されています。
大きな課題の一つであった定数の削減は実現しましたが、議会改革はこれで終わったわけではなく、その時々の社会情勢を鑑みながら川越市に必要な議会の在り方を模索し継続していく事が求められているのだと考えています。

1月24日(月)
東武東上線霞ヶ関駅南口での駅頭街宣活動から1日をスタートしました。
矢部節県議もご一緒し、矢部県議はマイクでの県政報告と私は市政報告の配布を行いました。
風が余り無く湿度があったせいか、身を切るような寒さはさほど感じませんでした。
通勤される皆さんから厳しいご意見と励ましを頂きながらの活動となりました。

1月23日(日)
川島町長選挙の投開票日。
午後11時を回った頃、川島町議会議員の為水議員からご連絡をいただき約900票差で敗れた旨の報告を頂きました。
新人候補が敗れはしたものの、町民生活の事を考え川島町政の改善や改革を訴えた事は決して無駄にはならないと思います。
捲土重来を期して、再び活躍の場を得られる事を祈念致します。

1月22日(土)
建設埼玉川越地区本部主催の新春の集いに出席。
昨年末、4月の統一選に向けた川越地区本部のご推薦と同青年部の推薦決定を頂きました。
ご挨拶の時間を頂いたので、「我々地方議員は日々の生活や地元経済に密着した活動をしています。日常活動の中で市内を巡り市民や中小企業の経営者や自営業者、リストラされ再就職もままならない方達から沢山の相談を受けているのが実情です。国政で10年20年先の我が国の在り方を議論して頂くのは大変重要な事だと認識していますが、今日明日の仕事や生活をどう乗り切っていくか苦悩している方々がいる事も国会議員の皆さんには忘れないで頂きたい。また、そういったところに目が届かないのであれば地方自治体に権限や財源を移譲し、自治体の自主的な施策展開を認めて頂きたい。」と申し上げました。
特に建設埼玉に集う組合員の皆さんは、自営の建設職人の方々ですので景気悪化での仕事の減少はもとより、疾病や怪我などで働けなくなる事が日々の生活に直結しています。
仕事や雇用の安定が生活を安定させ、生活の安定が地域経済の活性化の基盤になり、地域経済の活性化がひいては国全体の経済発展に繋がることは言うまでもありません。
来週から始まる通常国会の中で、しっかりと議論して頂きたいと思います。

1月21日(金)
地元の老人会の福寿会の新春の集いに、同じく地元議員である桐野議員とともに参加をさせて頂きました。
毎年恒例となっていますが、諸先輩方の溌剌とした表情や矍鑠とした姿勢に、私たちの方が改めて気の引き締まる思いをさせて頂いています。
防犯や交通問題など地域で暮らすご高齢の方々や子供たちが安心して暮らせるまちづくりは、我々議員にとって最優先課題の政策です。
ご挨拶させていただく中で、先輩方の経験や知識をより活用させて頂きながら手を取り合って、課題解決に向けた取り組みを進めていくことを約束させて頂きました。

1月20日(木)
午前中、市役所内で数件の打ち合わせをした後、市内で別の打ち合わせ会場へ。
4月の統一に向けた様々な計画やスケジュールの確認を行いました。
夕方から市外の支援者の処へ挨拶回り。

1月19日(水)
昨日から告示された比企郡川島町の町長選挙に立候補されている「さいど候補」の選挙事務所に激励の訪問をしてきました。
仲間である川島町議会議員の為水議員が中心となって選挙対策本部を切り盛りしています。
選挙はいつでも厳しい戦いを強いられますが、志と政策を掲げ町政の改革に立ち上がった候補者には是非とも健闘して頂きたいと思います。

1月18日(火)
議会運営員会に出席。
平成23年度予算策定にむけて、議会費予算案を協議しました。
昨年の12月議会で川越市議会の定数を40名から36名に削減したことや政務調査費の削減、費用弁償の見直しなどによる予算削減効果は、約5380万円という結果となりました。
3月議会が終われば4月の統一地方選挙による改選が待っています。市民の負託により選ばれる新たな市議会議員の方々には、削減した分、議会や議員の活動が停滞したといわれないように一層の活動に精励して頂きたいと思います。
午後からは、川越市政務調査費経理責任者会議が開催され、会派の責任者として出席しました。
市民の皆さんから厳しい視線が寄せられている政務調査費の使用目的や報告書の適正な作成に向けて、責任者会議で確りと協議をしていきたいと考えています。
また、今日から川越市のお隣りに位置する比企郡川島町の町長選挙が告示されました。推薦する道祖土(さいど)候補の必勝に向けて活動を展開していきたいと考えています。
投開票日は1月23日(日)となっています。

1月17日(月)
阿久根市の市長選挙では新人候補が現職を破り、当選しました。
議会を招集せずに専決処分を多用し市政を運営していた市長の政治手法に対する、市民の一定の判断が出たのだと思います。
ただ今回の阿久根市の例は、良し悪しは別として2元代表制を採用する地方自治体に様々な課題を与えてくれたのも事実です。
一議会人として、阿久根市から与えられた地方自治体における市長と議会の2元代表制における課題を、今後しっかりと考えていかなければならないと感じています。
午前中から控室で数件の打ち合わせ。
午後からは市民相談で受けた問題の処理と、担当課職員との協議。
夕方からは浦和で開催される民主党埼玉県連新春の集いに出席予定。

1月16日(日)
中学校時代のミニ同窓会に参加しました。
卒業以来20年ぶりに再会した友人達と、時が経つのも忘れて昔話に花を咲かせました。
それぞれこの20年間で良い事も悪い事も含めて様々な経験をしてきたと思いますが、こうして元気に再会できたことがとても嬉しく感じました。
次の機会がいつになるか分かりませんが、またお会いできる日を楽しみにしたいと思います。

1月15日(土)
午前中、サンライフ川越でのソフトバレーボールの練習に参加。
年末年始で重くなった体を無理やり動かしていましたが、アタックジャンプが全く飛べませんでした。
元に戻すのには重くなった倍の時間がかかりそうです。
午後から、地元での挨拶回り。

1月14日(金)
歯茎の腫れからきていた痛みを治療しに近所の歯医者へ通っています。
虫歯なら削って・埋めてしまえば治まりますが、歯茎の内部だと抗生物質の服用や外部からの消毒など、年末から2ヶ月半の加療を要しました。
今日で治療も最終日を迎えました。

1月13日(木)
明日のエネルギーを考える会という研修会に参加してきました。
講師に東京工業大学の柏木教授を迎えて、これからのグリーンエネルギーの活用とスマートグリッドを導入したスマートコミュニティの構想などを勉強させて頂きました。
今の化石燃料中心の発電から、原子力発電をベースとしたグリーンエネルギーとのベストミックスへの転換を進めていく事が世界的な課題となってくるとの事でした。
また、そのシステム設計において日本が世界規格を作ることができれば新たな産業や経済発展にも繋がる可能性が広がってくるのではないでしょうか。
これからの地球環境やエネルギー問題について、深く考えさせていただいた勉強会でした。

1月12日(水)
川越市廃棄物減量審議会に出席。
今後の川越市内のごみの減量施策について様々な角度から意見が出され、審議会の中で協議がされています。

1月11日(火)
市内の挨拶回り。

1月10日(月)
第62回川越市成人式に出席。
今年の成人式は新成人の方々で実行委員会を立ち上げて、準備から当日の進行などを担って頂き開催されました。
次第は去年と変わらない内容でしたが、その年ごとの独自性を出して行ければ良いのかなとも感じました。
新成人の皆さんはもとより、今日この日を無事迎えられたご両親を始めとする保護者の方々に心よりお祝いを申し上げます。

1月9日(日)
川越地区消防の出初式に消防議会議員として出席。
今年は丸広の駐車場から市役所駐車場に会場を移しての開催となりました。
例年に比べると見学の方々が少ないようにも感じましたが、鳶組合の梯子乗りや消防団の分列行進や消防職員の救助訓練などに大きな拍手と声援を送って頂きました。

1月8日(土)
連合川越・西入間地域協議会の旗開きに出席。
ご挨拶の中で、川越市の連合推薦候補予定者5名の健闘をお約束させて頂きました。

1月7日(金)
政治活動の拠点となる後援会事務所を契約しました。
4月の統一選に向けて本格的に準備が始まります。
夕方から浦和のときわ会館で開催された連合埼玉の旗開きに出席。

1月6日(木)
市内でご挨拶回り。

1月5日(水)
日頃より大変お世話になっている壽グループの新年会に出席。
社員の皆さんと一同にお会いできる数少ない機会です。
社会全体が大変厳しい経済環境が続く中、経営努力はもとより社員の皆さんがとても頑張っている会社です。
内職でお世話になった方も多いのではないでしょうか。

1月4日(火)
市役所控室で年末年始で片付けられなかった事務処理。
街中を車で走っていても、まだ人が少ないように感じました。

1月2・3日
正月休み

2011年1月1日(土)元日
新たな年が始まりました。
例年通り朝5時からの元朝式典に参加をさせて頂き、2011年の仕事を始動させて頂きました。
入間川河川敷で初日の出を迎えて、決意も改たにこの1年の活動を展開していきたいと思います。
本年も皆さまのご指導・ご鞭撻を心よりお願い申し上げ本年初めのご挨拶にさせて頂きます。