5月31日(月)
午前中から生活相談の対応とその他打ち合わせ。
明後日から始まる定例議会での質疑と一般質問の準備や職員との協議。
合間を縫って来客対応等々。
夜から参院選に向けた選対会議。
昨日からの体の不調が続き、若干寒気がしています。

5月30日(日)
ここ数日の無理と昨日の寒さがたたり、体調を崩してしまいました。
報道では社民党の連立離脱のニュースや鳩山首相・小沢幹事長の責任論や退陣論が繰り返し流されています。
支持率が下がった時に首を挿げ替えてその場をしのぎ、政権政党としての信頼と信用を失った自民党と同じ事をしても、何の解決にもなりません。
地道に政策を訴え、真摯に取り組む以外に支持率を上げる手法なんて無いのが現実だと感じています。

5月29日(土)
UIゼンセン同盟加盟のスーパーバック労働組合の結成40周年記念式典に出席。
結成当初の経緯やその後の諸先輩方の精力的な活動を通して、確りとした組織体・運動体になっている事を心からお喜び申し上げます。
今日という日を一つの節目として、現役の執行部と組合員が心を一つに新たな歴史にむけて発展的な労働運動の展開をして頂きたいと思います。
式典の後、UIゼンセン同盟埼玉県支部主催のソフトボール大会に顔を出し、川越に戻ってきました。
夕方から支援者の方々と意見交換会。

5月28日(金)
第2回定例議会に提出予定の議案についての会派説明会に出席。
市内小中学校の校舎と体育館の耐震工事の議案が10件提出される予定です。
平成24年度までに川越市内小中学校の耐震化はすべて終了していく予定となっています。

5月27日(木)
UIゼンセン同盟埼玉県支部にて打ち合わせと資料の受領。
役所に戻って、生活相談で受けた問題の処理。

5月26日(水)
議会運営員会に出席。6月2日から始まる第2回定例議会の次第などを協議・確認。
川越市議会議会運営委員会は原則、協議事項については全会派一致で確認なり決定がなされます。
その他の協議項目の中で、過去の議運での確認事項(申し合わせ事項)を守らず、議員活動とも政治活動とも取れないようなチラシを配布している議員が所属する会派の問題で余計な時間がかかってしまいました。
午後には市内在住の方からの生活相談の対応。
久しぶりに弟と夕食を共にしました。

5月25日(火)
明日の議会運営員会の準備と6月議会での一般質問用の資料整理。
市民相談の対応。

5月24日(月)
昨日に引き続き川越市内は雨模様。
国会延長がなければ、ちょうど1ヶ月後の6月24日に参議院議員選挙が始まります。

5月23日(日)
川越・西入間労働者福祉協議会主催で横瀬町の小松沢レジャー農園で行われた春のレクレーションに参加。
他にも石川川越市議・高橋鶴ヶ島市議・武井坂戸市議・岡野毛呂山町議が参加しました。
生憎のお天気でしたが、組合員とその家族あわせて約350人の参加者の皆さんと一緒に屋根付きの施設の中で餅つきやイチゴ狩りを楽しみました。
これからの季節ではキノコ狩りやマスの掴み取りなども楽しめるそうなので、是非ご家族で足を運んでみてはいかがでしょうか。

5月22日(土)
久しぶりにソフトバレーボールの練習に参加。
イメージと体の動きが乖離して、ボールに対する反応が最悪でした。
加えて、体育館の中はサウナ状態でシャワーを浴びたように汗が噴き出してきました。
これからの季節、運動するときは屋内外を問わず脱水症状にならないように気をつけたいですね。

5月21日(金)
自治体議員意見交換会に出席。
近隣自治体の先進的な取り組みなどを意見交換。
川越市でも取り入れられそうな施策が沢山あり、とても参考になりました。
6月議会の一般質問で取り上げていきたいと思います。

5月20日(木)
湿度が高くジメジメした1日でした。
控室で事務処理と打ち合わせを終え、都内で行われた懇談会に出席。

5月19日(水)
東松山市内にオープンした大型ショッピング施設「ピオニウォーク」を見学してきました。
既に行った事のある知り合いから話だけは聞いていましたが、実際に中に入ってみると予想以上の売場面積の広さに驚きました。
多くの専門店やレストランがテナントとして入っていましたが、個人的には大型スポーツショップが入っていたのが嬉しかったです。
そうは言ってもなかなか行く時間ができないのが悩みの種です。

5月18日(火)
控室にて来客対応ほか数件の仕事を済まし、午後から社会福祉審議会児童福祉専門分科会の平成22年度第1回会議に出席。
冒頭に議長からの挨拶の後、委員それぞれの自己紹介に続き平成22年度の会議予定などが確認されました。
その後、かわごえ子育てプラン前期計画の平成21年度の進捗状況と前期計画の達成状況について協議が行われました。
子育てに関連する川越市の施策について各所管課が自己評価によるA(順調)・B(やや遅れ気味)・C(遅れている)・D(当該年度予定なし)・E(終了)のランク付けされたものが資料として事前に頂いていたので、その資料に沿って各委員から質問がなされました。
事業評価そのものを各所管課で自己評価すること自体に対しての疑問をはじめ、子育て支援に関連する予算に対する執行率の明記、不足している事業や廃止事業に対する確認など様々な意見・質問がなされました。
私からは、平成21年度の事業の進捗状況を自己評価した中で、C(遅れている)とD(当該年度予定なし)とにランク付けされた20事業が、平成21年度中に関係各課で協議・検討がなされたか否かの資料を次回会議までに要求をさせて頂きました。
特にこの2つにランク付けされた事業の説明を見てみると、関係各課での調整ができなかったという記述が目立ちました。
民間や他団体との調整が難航するのならともかく、川越市役所の中で関係各課と調整ができなかったという説明では子育てプランの事業計画に対する川越市の関係課の姿勢そのものが問われます。
次回の会議では、「かわごえ子育てプラン」の事業をより多く実現していく為にも、上記のような事も含めて詳細に関係課の考え方と問いたいと考えています。

5月17日(月)
うだるような暑い1日でした。
控室で視察で頂いた資料の整理と報告の作成。
午後から市内在住の方のお宅へ相談対応。
老老介護の現実と行政支援の狭間で、ご家族への負担と責任が大きく圧し掛かっていました。
介護保険制度が導入され、民間企業も含めて様々な介護サービスが充実してきてはいますが、経済的な理由から十分な介護サービスが受けられない家庭も少なくないのが現実です。
我々が大きな課題として目を向けて解決していかなければならない介護現場の厳しい状況と現実がそこにははっきりと存在していました。

5月16日(日)
市内で開催されたふれあい福祉まつりを見学。
天候も良く、市内の福祉関係者を始めとする多くの参加者で今年も盛大に開催していました。
夕方から民主党埼玉県第7区総支部の定期総会に出席。
今夏の参議院議員選挙で改選を迎える島田智哉子議員も来賓として挨拶に登壇しました。
各議案が承認され、参加した皆さんから様々な質問や意見が寄せられましたが小宮山泰子総支部長を始め山根隆治参議院議員と島田智哉子参議院議員が丁寧に答えていました。
私も総会の最後にガンバロー三唱を担当させて頂き、川越市・富士見市・ふじみ野市の3市を跨る第7区総支部のこれからの確りと地域に根差した活動の展開と参議院選挙における島田智哉子議員の再選を目指し参加者の皆さんと心合わせをさせて頂きました。

5月15日(土)
霞ヶ関北地区社会福祉協議会の総会に理事として同じく地元の桐野議員とともに出席。
霞ヶ関北地区は川越市内でも高水準の高齢化率となっています。
挨拶の中でも触れさせて頂きましたが、地区社協としての福祉の向上や推進はもとより今の福祉活動やサービスをいかに維持をしていくのかという事も、高齢化が急速に進むこの霞北地区に課せられた大きな課題であると考えています。
今後、川越市内各地区ごとの地域福祉計画の策定が進められていきますが、乳幼児・子供から高齢者までとても幅の広い分野である福祉という大きなテーマの中で霞ヶ関北地区のニーズをしっかりと捉え、より現実に即した計画を立てていきたいと考えています。
夕方から、市内の単組の第15回青年部定期総会に出席。同年代の組合員の皆さんと貴重な意見交換とともに子育てや家庭での実生活の事など様々な話をさせて頂きました。

5月14日(金)
出張から川越駅に戻り、そのまま山根隆治参議院議員の国政報告に出席。
多くの参加者で会場は溢れんばかりでした。
前原誠司国土交通大臣が来賓として挨拶をされ、参加者との写真撮影にも気さくに応じていました。
改革や新しい国づくりに対して寄せて頂いていた「期待」を、政権交代を成し遂げた今、政策の実行と実績による「信頼」に変えていかなければなりません。
地道に地域を回り日頃から市民の皆さんと接し厳しい意見に直に頂く一地方議員として、現内閣には政権与党として国民生活への責任をしっかりと果たして頂きたいと強く願うばかりです。

5月12日(水)
川越市と友好姉妹都市の締結をしている小浜市へ文化財の保存・活用計画について研修に行ってきました。
調査済みと未調査の物を合わせると600を超える文化財がある小浜市は、国の支援を受け文化財の保存・活用について積極的な施策を展開していました。
川越市も多くの社寺仏閣や文化財を抱える自治体として、とても参考になるのではないかと思います。

5月11日(火)
議員団控室にて市民相談対応。
難しい相談でしたが、知り合いの弁護士を紹介して対応して頂くことに。

5月10日(月)
市内の支援者宅でミニ市政報告会を開かせて頂きました。
3月議会での私の一般質問や平成22年度予算に関する新たな施策などを説明しました。
ケーブルテレビでの試行録画中継については、まだご存じでない方もいらっしゃいました。
まだ試行段階での開始ではありますがケーブルテレビでの録画放送や、議会運営員会で協議が進められているインターネット中継などを通して市民の皆さんに議会での審議や議論をより身近に感じて頂けるように努力していきたいと考えています。

5月9日(日)
川越市武道大会の総合開会式に出席。
川越市の剣道・弓道・柔道の各連盟・選手が一堂に会して、日頃の練習の成果を競い合います。
今年は弓道連盟が責任連盟だった事もあり、開会式での演武では弓道の素晴らしい技が披露されました。
大会に参加した武道に携わる多くの子供達の顔を見ながら、礼節を重んじ一つの道を極めんとする武道の精神を成人になっても大切にして頂きたいと感じました。

5月8日(土)
浦和にある埼玉会館会議室で開催された埼玉民社協会の理事会に出席。
本部の民社協会総会を受けて今年度の活動方針の確認と共に活動計画や総会についての協議。
また、今夏に行われる参議院議員選挙にむけての取り組みなどが確認されました。
過日の春日部市議会議員選挙で当選した矢島あきよし市議と、本日付で埼玉民社協会に入会した上尾市議の町田皇介議員からの挨拶あり。

5月7日(金)
議会運営員会に出席。
議会改革事項の中で決算分割付託とインターネット中継についての協議。
会派の意見を聞かれたので、決算分割付託については特別委員会で限られた議員による決算委員会審議ではなく予算議案と同じように分割付託し、それぞれの委員会で決算審議をし精査していくべきではないかと発言しました。
また、インターネット中継についても先般の3月議会から試行的にケーブルテレビでの録画中継が始まっている事を鑑み、インターネット中継についても同様に試行的にでも早急に始めていくべきではないかと申し上げました。
議運終了後、市内単組の役員の方との意見交換会に石川智明議員と共に参加。様々な情報交換ができて有意義な会合でした。
その後、急いで小宮山泰子事務所で開催された総支部定例会議に出席。総支部総会の内容(次第や規約変更、決議文など)について協議。
その後に霞ヶ関北公民館検討懇話会がある為、総支部会議を途中退席して懇話会会場の霞ヶ関北公民館へ。
老朽化した霞ヶ関北公民館の今後の移転改築にむけての協議が、少しずつではありますが着実に進められています。

5月6日(木)
昨日に引き続き、暑いくらいの1日でした。
連休中に溜まっていた事務処理を一通り片付け。
明日の議会運営員会に出席するための準備。
帰りに車のラジオから沖縄が梅雨入りとのニュースが流れていました。
もうそんな季節かとしみじみ感じてしまいました。

5月5日(水)こどもの日
連休最終日。
夏を思わせるような暑さの中、川越総合体育館で行われたソフトバレーボールの大会に出場。
1勝3敗という結果でした。練習が足りませんね。

5月4日(火)みどりの日
予備校時代の友人の結婚式に出席するため横浜桜木町のロイヤルパークホテルへ。
予備校を出てから10年以上経ちますが、今でも年に数回近況報告を兼ねて集まる貴重な友人です。
末永く幸せな家庭を築いて頂きたいと思います。
仲間内で残る独身は一人になりました。

5月3日(月)建国記念日
昨日から千葉県の実家に1泊して川越に戻ってきました。
行きは一般道でも1時間半で帰省できたのですが、川越への帰りは高速を使っても2時間以上かかってしまいました。
国道254号バイパスが異様に混んでいました。

5月2日(日)八十八夜
島田智哉子参議院議員の街宣活動が川越駅東口デッキ上で行われました。
急遽他に予定が入った為、参加できませんでしたが島田議員の細い体のどこにこれ程のパワーがあるのかといつも感心してしまいます。
夏の改選に向けて、候補予定者たちの熱い活動がスタートです。

5月1日(土)
午前中、サンライフでソフトバレーボールの練習。
気候も暖かくなり、汗が滝のように出てデトックス効果もupしている感じでした。
午後から市民の方からの相談対応。