11月30日(月)
議案質疑の準備のため市役所控室で作業。
今回の議案質疑では、議案第100号「川越市産業観光館の指定管理者を定めることについて」と、議案第101号「調停の申し立てについて」の2議案に対して、民主党議員団を代表して質疑をしていく予定です。
「調停の申し立て」については、市営住宅の入居者が家賃を長期滞納し督促や納付に応じないため裁判所に退去の申し立てを起こそうとする議案です。
川越市の市営住宅の実態を質疑でのやり取りを含めて、またこちらで報告をしていきたいと思います

11月29日(日)
川越市内の小学校の体育館で行われたソフトバレーの大会に出場。
先週からの筋肉痛と疲れを引きずったまま4試合に出場。
体の疲れとは裏腹に気持ちだけはハイテンションで臨みましたが、最初は点数をリードしながらも中盤から終盤にかけてスタミナが切れ、逆転されて突き放されるという我がチームの典型的なパターンで結果はいつも通りの4連敗でした。
試合を楽しむ雰囲気と明るさでは他のチームに一歩も引けを取りませんが、試合で勝てる日がいつになることやら見当もつきません。

11月28日(土)
午前中、サンライフ川越芳野台体育館で運動。
午後から市民相談対応。

11月27日(金)
午前から午後にかけて、議会運営委員会に出席。今日の議会日程の確認と一昨日からの協議事項を継続協議。
午後2時過ぎより本会議が開会されました。
平成20年度決算を認定したのち、議員の手当の年間支給額を引き下げる議案を議会運営委員長が提出者となって議員提案し可決しました。
その後、市長提案議案が上程され本会議は散会となりました。
来週の12月2日に本会議が開会され、今日上程された議案に対する質疑が行われていく予定です。

11月26日(木)☀
午前中、会派代表者会議に出席していた山木市議と会派控室で今議会の議案対応についての打ち合わせ。
午後から川越地区消防組合議会に出席。
消防職員の給与に関する条例の改正議案とそれに関連する補正議案の2議案を審議し可決。
筋肉痛がまだ所々に残っています。

11月25日(水)☂のち☀
川越市議会第5回定例議会開会日。
午前中、議会運営委員会に出席。
午後1時より議場コンサートが開催され、市役所吹奏楽研究会による演奏が披露されました。
コンサートが終わると再び議会運営員会に出席。

11月24日(火)☁
朝から全身物凄い筋肉痛に見舞われつつ仕事をしています。

11月23日(月)勤労感謝の日☀
鶴ヶ島中学校で開催された鶴ヶ島ソフトバレーボール連盟主催の親善大会にサンライフチームで参加。
会場は沢山の参加者で賑わっていました。参加チームを見てみると遠くは深谷などからも来ていてビックリしました。
成績は・・・。リーグ戦3試合・トーナメント2試合の計5試合を戦って、0勝5敗という完全な最下位でした。
さすがに1勝もできないと気持ちが凹みました。
10代20代の頃の様に思うように体が動かないのは仕方がないとしても、まだまだ修行不足を痛感しました。

11月22日(日)
議会での一般質問の準備。
集めた資料を整理をしていました。

11月21日(土)
浦和の埼玉会館の会議室で行われた民主党埼玉県連の常任幹事会に市民・青年局長として出席。
各種中間選挙の結果やここ1ヶ月の各委員会や部局の活動報告が行われました。
また、協議事項では党本部が進める政治主導の一環として各種要望や陳情を幹事長室で一括して受付ける方法の説明が行われました。
自民党政権時の様な政官の癒着や族議員を作らないと同時に、各自治体の首長や各種団体がいちいち無駄な時間と費用をかけて永田町詣でをせずに済み、システムに変えていくというものでした。
その他には、昨日も記載しましたが、来年の深谷市長選挙に立候補を予定している小島進県議の推薦を満場一致で可決しました。
また、来年に迫った参議院議員選挙の2人目の候補者擁立も急ピッチで進めていくことが確認されました。

11月20日(金)うす曇り
今日の埼玉新聞にも記事が掲載されていましたが、民主党埼玉県連で一緒に活動してきた小島進(こじま すすむ)埼玉県議会議員が、来年2月に投開票される深谷市長選挙に無所属で出馬する決意をしました。
昨日の連合埼玉の式典でご本人から突然このお話を聞きビックリしたのと同時に、これからの支援の約束をさせて頂きました。
現市長の下で停滞した深谷市政の事業仕分けをしっかり行い、再び活力ある街に一新していきたいと熱く語っていました。
民主党埼玉県連の若手議員達の兄貴分のような存在の小島県議が組織を離れてしまうのは少し寂しい感じもしますが、民主党埼玉県連所属の若手議員の仲間達と共に全力で応援していきたいと思います。
小島県議、頑張れ!

11月19日(木)☁少し☂
市役所会派控室で議案の調査と一般質問に向けた準備。
夕方、浦和で開催された連合埼玉創立20周年記念式典に出席。
式典前の大会で就任された宮本新会長をはじめ新たな役員体制の下で、勤労者の雇用と生活を守る労働運動の先頭に立ってご活躍頂きたいと思います。
私が準組織内議員として活動させて頂いているUIゼンセン同盟埼玉県支部の松井支部長も副会長に就任されました。
川越からは川合市長をはじめ同じく連合推薦議員の石川(智)議員、小林議員、高橋議員も出席されていました。

11月18日(水)☀
議会運営委員会に出席。
11月25日開会予定の第5回定例議会の開会に向けて、市役所6階も慌ただしさを増してきた感じです。
今議会で上程される予定の議案の概要は本日、議案が発送されてきた現在で、川越市の大東地区内の町名地番を整理する議案2件、市役所内の組織改編や職務権限の特例に関する条例制定案が2件、市職員の給与等の改正や都市計画税の税率改正など条例改正案が7件、公共施設の指定管理者を指定する議案が2件、市営住宅の明け渡しを求める調停案が1件、市道路線の認定議案が1件、補正予算案12件という状況になっています。
今後、市長より市議会本会議で提案され審議が進められていく予定です。また、今議会では本会議開会前に、市議会議員全員協議会を開催し、川越総合卸売市場の無償減資に関する説明および質疑も行われることが確認されました。

11月17日(火)☂
川越も朝から冷たい雨が降り続いています。
自宅へ帰ってから寒気がしたので、風邪薬を飲んで早めに休みました。

11月16日(月)☁
12月議会の質問に向けての資料収集。
来週から始まる第5回定例議会に向けての準備を進めています。

11月15日(日)☁
UIゼンセン同盟埼玉県支部の運営評議会に出席。
各単組の役員の皆さんとお話をさせて頂くと、冬季一時金交渉では大変厳しい状況との声が多く聞かれました。
また、年明けから来春に向けて始まる賃闘交渉についての方針も打ち合わせが行われました。
日頃なかなかゆっくりと意見交換する機会が持てない中で、今回は皆さんとゆっくりと様々な話をさせて頂く良い機会となりました。

11月14日(土)☂のち☁
毎週のことながら、家の雑事を淡々とこなしました。
午後から市民相談の対応。

11月13日(金)☁のち☂
日に日に寒くなっていく民主党議員団の控室。
川越市自治連合会霞ヶ関支会の会長会議に同じく地元の桐野議員らとともに出席。
夕方からいつも大変お世話になっている壽グループ労働組合の第12回定期大会に出席。
厳しい経済状況のもと、組合員が一致団結して労使協調のもと今局面を打開しようと頑張っている様子が伝わってきました。
役員の皆さんの手作り感溢れるアットホームな雰囲気の定期大会でした。

11月12日(木)☁←いちおう雲です。
ぐずついた天気が続いています。
民主党議員団の控室は庁舎の北側に面しているので、この時期とても寒いです。
川越西文化会館ホールを会場に行われた青少年を育てる霞ヶ関北地区会議の主催による小学生体験作文発表会に出席。
霞ヶ関北小学校と霞ヶ関東小学校それぞれの6年生の代表の皆さんが自身の体験を基に綴った作文を発表してくれました。
職業体験での出来事や夏休みの思い出、日常生活の中での出来事などと自身の考えを織り交ぜながら一生懸命に作られ、真剣に発表された作文は素晴らしい文章となって心に響いてきました。
自らの体験や気持ちをそのまま相手に伝えることは決して簡単なことではないと思いますが、伝えようと努力することはとても大切なことだと思います。
と同時に、自分に何かを伝えたいと頑張っている人の気持ちや言葉を察し理解しようとする姿勢を日頃から意識することも大事なことだと思います。
今日の発表会で作文を披露してくれた児童や友達の発表に真剣に耳を傾けていた児童達の姿を見て、こうした機会を幼少期により多く経験できる場を作ってあげられたら良いなと感じました。

11月11日(水)☂
行政刷新会議による事業仕分けが本格的に始まった様子が報道されていました。
長年に亘る既得権を守りたい各省庁や独立行政法人の皆さんの必死な姿が映し出されている光景は、政権が交代した現実と曖昧な予算処置は今後は認められないという事実を国民の皆様に改めて認識して頂けたのではないかと思います。
また、こうした政治主導による各種事業の仕分けや見直し作業がこれまで行われてこなかった事を、不思議に感じている方も少なくないのではないかと思います。
国に限らず県・市町村それぞれの単位でもこうした作業をこれまで以上にしっかりとしていかなければ、今の厳しい財政状況のもと自治体行政を運営していくことは困難なのが直面している現実の問題です。

11月10日(火)☁のち☂
川越市保健所の会議室で行われた川越市社会福祉審議会の児童福祉専門分科会に出席。
川越市次世代育成計画の川越子育てプラン後期行動計画(平成22年度~26年度)の素案や前期計画の達成状況見込みなどを協議。
分科会に先んじて地域協議会の皆さんから頂いた各事業に対するご意見に対し、各所管課の「今後検討」という行政的な回答があまりにも多かったので、検討経過や検討結果についての報告を地域協議会の皆さんにしていくよう担当課に申し上げました。
多様化する子育てニーズに対してどうしても行政施策は総花的になってしまいがちですが、今回の提出されてきた後期計画の素案もそんな印象です。
今後、この素案を基に具体的な内容の協議や詰めが進められていく予定です。

11月9日(月)
日常、コンタクトレンズを使用している関係で年に1度の眼の検査に行ってきました。
簡単な問診表に日頃の眼の状態などを記入して提出し、機械での検査へ。
眼をパッチリ開けて小型カメラで眼の写真を撮られ、顔全体の写真を撮られ、コンタクトレンズを入れて再びカメラの前で眼の動きをチェックされ、最後に視力検査へ。
20~30分程度の検査でしたが、視力も落ちていなく現状のコンタクトレンズの使用で良いとのことで安心しました。
コンタクトレンズを使い始めて15年間、一度も眼の病気になっていないのが幸いです。

11月8日(日)
保健センターで開催された川越市健康まつりの開会式に出席。
新型インフルエンザの影響で客足を心配していましたが、思っていた以上の来場者の多さにビックリしました。
会場では、簡単な健康検査や健康相談、鍼灸師会のお灸体験や薬剤師会の皆さんによるアンケート調査や社協登録団体の皆さんによる物品の販売、幼児のフッ化物塗布など様々な催しで盛り上がっていました。
日頃からの健康への意識や実践が、健康な体作りには欠かせないことを改めて気付かせてくれるイベントでした。
帰りに、お腹のメタボ具合がきっちりわかる素敵なメジャーを頂きました。

11月7日(土)
出張で溜まった洗濯物を朝から洗濯機に放り込み、所要で出かけました。
朝方出ていた太陽が見えなくなり、怪しい天気になってきたのを気にしつつ用事を済ませ帰宅。
早速、洗濯物をベランダに干して、ソフトバレーの練習へ。
出張続きで鈍った体に鞭打って、ひと汗かいてきました。
アタックを打つ時のジャンプの感覚で、体が重くなっていることをしっかりと自覚できました。
午後から、市民相談に対応し土曜の1日が過ぎていきました。

11月4~6日
文教常任委員会の行政視察。
「小中一貫教育」・「備中櫓再建事業」・「中高一貫校」のテーマで研修をしてきました。
寝屋川市での「小中一貫教育」については。学校施設そのものは小中で別々になっていますが、小学6年間と中学3年間の計9年間を通した一貫した教育プログラムの中で児童生徒の指導を行っていくというものでした。
特に英語教育については特区の指定を受け、小学校の児童全員が児童英検を受験し、正答率が85%を超えるとのことでした。
一方、福山市の「中高一貫校」では、もともとあった市立高校に中学校を新規に併設し、6年間の教育プログラムの中で生徒指導していくということです。
1学年120名の生徒を学習の習熟度に照らしてクラス編成し、少人数にきめ細やかな学習指導をしていく実際の様子を見学させて頂きました。
設立後ちょうど6年目ということで、中学入学第1期生が来春大学受験を迎えるにあたり一貫校設立の成果が問われてくるのではないかと思います。
また、コミュニケーションという学科を設け、英語や国語でお互いにディスカッションして相互理解と語学の上達を図る授業には斬新な印象を受けました。
川越市の市立高校を今後どのように活用し生徒の学力向上に結び付けていくのかを考えていく上で、両市の教育方針や教育プログラム、授業編成などとても参考になりました。

11月3日(火・文化の日)
川越市総合運動公園で開催された生涯スポーツフェスティバルの開会式に出席。
会場には小中学生をはじめ多くの参加者の皆さんが集合されていました。
来賓あいさつなど次第が進み、最後に初めてタオル体操なるものを体験しました。
私も週1でソフトバレーをしていますが、継続して適度に体を動かすことで風邪や病気にかかる頻度が圧倒的に少なくなったと感じています。
様々なスポーツを通して、仲間との繋がりや健康の輪が広がっていくと素晴らしいですね。

11月2日(月)
先週の消防視察先での研修内容をレポートにまとめ。
思っていたよりも結構な時間を費やしてしまいました。

11月1日(日)
産業博覧会の会場へ。
多くのお客さんで大変な賑わいでした。
今年は会場が分散していたので、すべてを見て回るのが大変でした。
今回、産博に参加して頂いた多くの企業・団体の皆さんが川越の地域産業の基盤となって発展して頂くことで、地域経済の活性化に繋がっていけば良いなとつくづく感じました。
また、今回の産博に来ていただいたお客の皆さんにも川越の地域産業を一つでも多く知って頂き、再び来川していただければ幸いです。
午後2時過ぎから家で洗濯し、干していると夕方から雨が降り始めて洗濯物がすっかり湿っぽくなってしまいました。
読みが甘かったです。