10月31日(土)
2009年も残すところあと2か月になってしまいます。
午前中、市民相談を2件受け、その後サンライフ川越のソフトバレー教室へ。
午後から、家の雑事を片付け。

10月30日(金)
大雨の時、市道に溜まる内水問題についての市民相談。
県立高校の生徒の通学路になっていることもあり、市に早急な対応をお願いしたいとのことでした。

10月27~29日(火・水・木)
川越地区消防組合議会視察の為、出張。
石巻市と盛岡市の消防行政について勉強してきました。
石巻市等の広域事務組合については、全国的にも珍しいPFI方式による消防庁舎の建設を実施しています。
実際に消防庁舎をPFI方式で建設していく上での課題として参加企業の有無や業務委託の内容・年数などありますが、管理運営経費の削減にも成功していることを鑑みても、川越地区消防組合の老朽化した本部庁舎の今後の取り扱いを考えていく上で、石巻市の庁舎建設手法は方法論の一つとしてとても参考になりました。
また、盛岡市では岩手・宮城内陸地震の被害状況や実際の災害救助の様子と川越と同じくらい老朽化している本部庁舎の今後の建て替え計画についてお話を伺ってきました。
市民の生命と財産を守る最前線で指揮・活動する消防本部庁舎の老朽化問題は、時間をかけられない喫緊の課題だと考えています。

10月26日(月)
台風の影響か朝から結構な勢いで雨☂が降りしきっています。

10月25日(日)
越生町の大観山にある世界無名戦士の墓霊廟で、先の大戦でお亡くなりになった御霊に対する追悼の誠を奉げるとともに、恒久平和を祈る式典に出席。
朝から小雨が降り肌寒いなか、会場には沢山の方がお見えになっていました。
民主党関係では山根隆治参議院議員をはじめ島田智哉子参議院議員、松崎哲久衆議院議員、矢部節埼玉県議、高橋剣二鶴ヶ島市議、藤屋喜代美富士見市議らが参列していました。
予定が重ならない限りほぼ毎年参加させて頂いていますが、この式典も今年で46回目になるとのことでした。

10月24日(土)
芳野台にあるサンライフ川越で行われているサンライフまつりを見学。
沢山の人で賑わっていました。
夕方から支援者の皆さんとの膝を突き合わせての意見交換会。
一つの事柄でもそれを見る角度で意見は驚くほど違うことに、いつもながら勉強になります。
視野を広くするのも大事ですが、物事を見る角度の幅を広く持つようにも心がけていきたいと思います。

10月23日(金)
仕事を一通り片付け、午後7時から川越西小学校の体育館でソフトバレーの練習。
久しぶりだったので体が思うように動きませんでした。
それでも体を動かして、ひと汗かくと良い気分転換になりました。

10月22日(木)
埼玉民社協会の第16回定期総会に出席。
旧民社党の結党理念や流れを汲み、県内国会議員3名・県会議員4名・市議会議員14名ほか多くの会員が参加し、拉致問題や教育・教科書問題などの諸活動を行っています。
決算・予算案などを承認し、今後も国民の立場に立った政策提言ならびに社会正義の実現に向けて実践活動していくことが確認されました。

10月21日(水)
後輩と食事。
転職を機に新たな職場で頑張っているようでした。

10月20日(火)
川越水上公園内で行われた屋内・屋外消火栓のポンプ操法の競技会に出席。
川越市内と川島町内の事業所の皆さんが、日ごろの訓練の成果を発揮されていました。
午後から連合埼玉主催の首長政策懇談会に出席。
県内西部地区の関係首長との意見交換や先進事例の紹介など、とても勉強になりました。
どこの自治体も大変厳しい財政運営を強いられる中、アイデアや創意工夫で何とかこの局面を乗り切ろうとする首長の皆さんの熱意が伝わってきました。

10月19日(月)
今年は17日・18日の2日間で行われた川越まつりも無事終了しました。
朝から街中は後片付けの皆さんが忙しそうにしていました。
お祭りの後ってなんだか少し寂しい気持ちになりませんか。

10月18日(日)
連合川越・西入間地域協議会が毎年行っている、クリーンキャンペーンというゴミ拾いのイベントに参加。
市内のゴミ拾いをしながら川越七福神を数か所巡り、初雁公園でゴールするイベントでした。
今年で16回目を数えるこの企画も、毎年多くの参加者で盛り上がっています。
良い天気に恵まれ、汗ばむような陽気の中で街の美化活動と川越まつりの雰囲気を感じながら皆さん楽しそうに歩いていたのが印象的でした。

10月17日(土)
午前中、所沢に事業所があるスーパーバック労働組合の第40回定期大会に出席。
午後から今日から始まっている「川越まつり」を見学。
今年、山車を出している町内をいくつか回らせて頂きました。
NHK朝の連続テレビ小説「つばさ」の効果があったのかどうかは解りませんが、例年かそれ以上の見物客の皆さんが来ていただけたかなという印象を受けました。
人が多すぎて普通に歩くことさえ困難でした。

10月16日(金)
社会福祉審議会の児童福祉専門分科会に出席。
川越市子育てプラン後期計画の策定に向けての話し合い。
私からは、後期計画で新規事業として予定されているトワイライト保育(※夕方から夜間にかけての保育)とショートステイ事業について何点か質疑をさせて頂きました。
この2つの事業は、民間の事業者と連携して行っていくとのことでしたので、目標定員枠の恒常的な確保とニーズ対象者に向けた広報の取り組みについて聞かせて頂きました。
1点目の定員枠の確保についての市の答弁は相手方との協議が煮詰まっていない印象を受けましたし、2点目の広報についてはこれまで川越市が行ってきた広報活動の域を脱しない型どおりの答弁でしかありませんでした。
昨日も記述させて頂きましたが、本当に行政施策を必要としている市民に情報がきちんと届いていない現実がアンケートからもはっきりと解るのが現状です。
特にひとり親家庭の方は、仕事と育児を両立させている方が多く、自分が必要としている行政サービスの確認をする時間が取れないのが現実問題としてあるのではないかと思います。
他の委員からも新たな取り組みについての要望が多く上がりました。

10月15日(木)
いよいよ今度の17日(土)・18日(日)に開催される川越まつりの準備も佳境に入ってきています。
市役所から見える街の風景も紅白の幕に彩られ、その華やかさを増してきています。
明日の社会福祉審議会の準備のため資料の再確認。
同じひとり親家庭でも父子家庭の親御さんは育児に対する行政サービスをほとんど知らない方がとても多いことがよく解る内容でした。
それぞれの家庭が抱える育児のニーズに合っているかどうかも大きな問題ですが、行政側の発信力に問題の比重が大きい気がしてなりません。

10月14日(水)
地元自治会の役員の皆さんと地元の桐野議員らと共に意見交換会。
市内でも最も高齢化が進む地域の課題や旧霞北小の跡地の今後の整備問題など多岐にわたって意見交換をさせて頂きました。
午後から昨日お伺いする筈だったお宅へ訪問、市民相談をどっさり頂きました。

10月13日(火)
今日お伺いする筈だったところへ行くのをすっかり忘れていたことに、夜、手帳を見て思い出しました。
明日、朝一でお詫びの電話をしなくては・・・。
山根事務所で秘書をしていた10年前は手帳が無くても予定はほとんど暗記していたのに、最近は手帳が手放せなくなっています。

10月12日(月)
体育の日。
午後から川越水上公園で子供の自転車に乗る練習。
水上公園内を自転車に付き添いながら歩いて3周。良い運動になりました。
話は変わりますが、お知らせのページにも掲載させて頂いていますが、来年度(平成22年度)4月の保育園入園の申込書類の配布と受け付けが始まりました。
ご希望の方は、川越市役所保育課と市内の各保育園で申請書類を配布しています。
申請受け付けの締め切りは11月19日(木)となっていますのでご注意ください。
申請会場・日程・各保育園の募集人数等は川越市公式ホームページよりご確認ください。

10月11日(日)
ついこの間、5連休があったと思ったら今度は3連休と連休続きな感が否めませんが、天気も☀良かったので家の雑事を片付けました。
やりだすと止まらない感じで1日が過ぎていきました。

10月10日(土)
富士薬品ユニオンの第9回定期大会に出席。
長年に亘り組織をまとめてきた、岡田委員長が今期で降りられ、新たな委員長の下での出発となりましたが新体制のご活躍と労使ともに益々の組織の発展を祈念いたします。

10月9日(金)
今日も風が強い1日でした。
市役所の控室で市民相談を数件受けた後、市内の支援者宅へ。
地域の問題や市政に関わるご意見を沢山頂きました。
市内中心部を車で走行していると、来週の10月17日・18日に行われる国の重要無形文化財「川越まつり」の準備をしている光景があちらこちらで見られ、街の様相もお祭りのムードに包まれ始めました。
今年も市内の19台の絢爛な山車が参加して、お囃子や手古舞いを伴った曳っかわせなど盛大に執り行なわれる予定です。
この機会に是非、蔵造りの街並みと併せて、江戸時代から360年以上続くといわれる「川越まつり」の臨場感や醍醐味や風情を体感しにいらしてみませんか。

10月8日(木)
台風一過?風強し。
朝から公共交通機関の混乱が各テレビ局で大々的に取り上げられていました。
川越市内でも複数の被害が報告されています。毎年のように内水問題で不安を抱きながらこの時期を過ごす市内地域の方々に対して、行政として責任ある対策を早急に講じていかなければならない責任があると思います。
市議会でも複数の議員から、災害問題や内水問題についての質問や打開策が提案されていますが、予算や諸般の事情もあるのでしょうが市執行部の動きが鈍いかなとも感じています。
話は変わりますが、日本の各テレビ局は「危険です!」と言いながら、なぜ暴風雨の中で波打ち際や防波堤脇にアナウンサーを立たせて実況中継するのか前から疑問に思っています。もっと危険でしょ?
故中川昭一元財務相のご遺体が自宅から運び出される様子がニュースで流れていました。
政党やイデオロギーや舞台は違えど、長年に亘り国政という大きな政治の舞台で国民生活にその身を捧げてきた、政治に携わらせて頂いている者としての先輩に衷心よりご冥福をお祈りします。

10月7日(水)
自公政権の最後の置き土産ともいうべき緊急経済対策の一環であった筈の2009年度第1次補正予算を見直した結果、補正執行停止の概算金額が報道されました。
約2兆5000億円という金額の大小よりも、緊急と称して組んだ第1次補正予算を同じ官僚がその自ら組んだ補正予算の見直しを指示され、これだけの緊急でない予算・事業が溢れだしてくる事実に開いた口が塞がりません。
これまで如何に予算編成自体を省益優先の官僚任せにし、担当大臣を始め自公連立政権が真剣に予算チェックをしてこなかったかがはっきり解りました。と同時に呆れました。
今夜半から明朝にかけて台風が関東地方に最接近するということで、明日の10月8日は、川越市内の小中学校・特別支援学校は休校となります。

10月6日(火)
秋雨前線の影響かな?川越も降ったり止んだりの天気☂です。
市役所控室の自分の机で鼠色の空を見ながら、パソコンのキーを叩いています。
市民相談や所用で役所を出たり入ったりの1日でした。
お知らせを一つ。
私も参加させて頂く予定?のソフトバレーボールサークルが会員を募集しています。
お知らせのページに詳細は記載させて頂いていますが、今度の金曜日が初練習ということですので皆さんのご参加をお待ちしています。
みんなで一緒になかなか減らない体脂肪と日頃の積ったストレスを汗と一緒に流し出しましょう☆
ということで、何か分からない事やご質問があれば、お問い合わせは高野(こうの)さんまでお願いします。(お知らせのページから)

10月5日(月)
民主党埼玉7区総支部の定例会議に出席。
10月18日(日)に告示されるふじみ野市長選挙に立候補を予定している候補予定者からの推薦依頼について協議。
一定の条件を満たすことで総支部として県連に推薦申請を上申していくことになりました。

10月4日(日)
少し風邪っぽいので、他人に迷惑をかけては不味いと思い家の中に閉じこもっていました。
午後から、買い物に出かけましたがすぐに帰宅し読書に耽りました。

10月3日(土)
午前中、浦和で連合埼玉議員懇談会の総会に出席。
総会の座長を仰せつかり議事の進行に務めさせていただきました。
午後から大宮に移り、準組織内議員として政治顧問に就任させて頂いているUIゼンセン同盟埼玉県支部の第9回定期総会に出席。
ついこの間、総会に出席したと思うほど月日の経過の早さを感じました。
今総会で異動される鈴木支部長と斎藤常任には、これまで言葉に表せないほどお世話になってきました。
新たな職場での益々のご活躍をお祈りすると共に、これまでのご厚情にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

10月2日(金)
事務仕事をこなしつつ、市民相談を3件受けました。
この不況が続く中、生活の厳しさを増している人が本当に増えていることが相談内容に色濃く反映されています。

10月1日(木)
市役所の会派控室で山木議員と打ち合わせ。
議会中でこなせなかった山盛りの事務仕事の片付け。
久しぶりに付けたネクタイが邪魔で息ぐるしく嫌でした。
今日から赤い羽根共同募金が始まりました。