12月31日(水)
今年もいよいよ最後の日となりました。
ガソリンの高騰に始まり、それに伴う生活品の物価高騰やサブプライムローンの崩壊による百年に一度ともいわれる世界的な経済危機など2008年は激動の1年だったと感じています。
2009年がどんな年になるのか私には想像すらできませんが、政治で解決出来得る施策は迅速かつ効果的に推し進めていくしかありません。
新しい年がこのホームページをご覧になって頂いている皆さんにとって、少しでも明るい年になりますことをご祈念して2008年最後の記述とさせていただきます。

12月30日(火)
市内の支援者のお宅で毎年恒例の餅つきに参加。
去年は一突きもしなかったので、今年は思いっきりついてきました。
夕方から体に異変が出始めています。

12月29日(月)
お付き合いのある3家族で忘年会を兼ねた夕食会に参加。
東上線若葉駅前にある小さな子供がいても大丈夫な飲食店で、食事をご一緒しました。
2008年もあと2日。

12月28日(日)
午前中に1件会議に出席。
今年も残すところ、あと3日です。

12月27日(土)
両国予備校時代の友人たちと食事会。
予備校時代は10代だったのが、今じゃみんな30歳をゆうに超えてしまいました。
それぞれの近況などを話して盛り上がりました。

12月26日(金)
朝6時30分より東上線鶴ヶ島駅で駅頭活動。
寒風吹きすさぶ中、1時間30分の活動を行いました。
昼過ぎまで体の芯が冷えていた感じでした。

12月25日(木)
設立時から意見交換をさせて頂いているNPO団体の事務所にお邪魔しました。
障害を持つ子供たちに音楽療法を通して、定期的に自主コンサートなどを展開されています。

12月24日(水)
今朝も東武東上線霞ヶ関駅南口で駅頭活動をさせて頂きました。
先週よりも寒さを感じずに1時間30分の活動をすることができました。
駅頭終了後、後援会の皆さんのところへ暮れの挨拶回りを済ませ市役所へ。
午前中に1団体・午後に1団体と打ち合わせを済ませた後、夕方の駅頭活動へ。
夕方から川越駅西口で駅頭活動を行いましたが、西口噴水広場では教会の皆さんが賛美歌を歌っていたり、道行く人々はカップルや忘年会へ向かう人が多く殆ど活動ビラを受け取ってもらえない状態でした。
知り合いが通りかかり際に、「こんな日まで(駅頭活動)やってるの?」という言葉と寒風が身に突き刺さる駅頭活動となりました。

12月23日(火)
天皇誕生日。
食料品の買い出しに大型スーパーに出かけ、ふと見たおもちゃ売場が物凄い人だかりになっていてビックリしました。
これ以上ここに居たらこの人たちの波がレジに流れてくると感じたので、こちらも物凄い勢いで必要な食料品をカゴに放り込んでレジを済ませ家路につきました。

12月22日(月)
川合よしあき氏の事務所開きが開催されました。
推薦を決定している民主党からは、小宮山衆議院議員・山根参議院議員が出席しました。
その他にも推薦決定している他党から衆・参それぞれの国会議員や県議会議員、市議会議員や多くの市民も参加しての事務所開きとなりました。

12月21日(日)
民主党埼玉県第7区総支部会議が開催されました。
川越市議会補欠選挙への対応と中間選挙の富士見市議会議員選挙への対応を協議しました。
富士見市議選については現職1名の公認が決定しているのに加え、新人を1名公認していくことを決定しました。
川越市議補欠選挙については、時期も時期なので詳細については伏せさせていただきます。

12月20日(土)
民主党埼玉県連で衆議院総選挙対策本部の事務局会議が開催されました。
混迷する国政にあって麻生首相が解散すらも決断できない迷走が続く中、衆議院議員候補予定者たち(特に新人候補)の疲れもピークになりつつあります。
その後、県連の常任幹事会が開催され中間選挙の公認決定や一連の協議事項を協議しました。
今回の常任幹事会で、民主党埼玉県連内に緊急雇用・景気対策本部が設置されることが確認されました。

12月19日(金)
川越市議会第5回定例議会が閉会しました。
今議会が現職の川越市長にとって最後の定例議会となりました。
来年の平成21年1月25日には川越市長選挙が行われ、同年2月8日から新たな市長の下での市政運営が行われていきます。
本会議の最後には市長より挨拶が行われ、議会を代表して清水議員より花束の贈呈が行われました。

12月18日(木)
明日の定例議会閉会を前に控室で事務仕事。

12月17日(水)
UIゼンセン同盟埼玉県支部の青年委員会・男女共同参画委員会合同主催の総会に参加。
60名以上の参加者で盛大に開催されていました。
県内各地から様々な業種・企業の若手組合員が集まって意見交換をするとても良い機会になっています。
これからの労働運動をけん引していく皆さんにはこれからも積極的にこうした機会に参加をしていただきたいと感じました。

12月16日(火)
東武東上線霞ヶ関駅で久しぶりの駅頭活動。
顔見知りの方々からは、心の籠ったお言葉を沢山頂きました。
頑張って継続していきます。

12月15日(月)
川越市長選挙への対応について団体役員と打ち合わせ。
新人同士の戦いということもあり、その場で結論を見出すことはできませんでした。

12月14日(日)
霞ヶ関北地区社会福祉協議会主催のふれあい餅つきに参加。
杵で何度か餅を搗かせて頂きましたが、普段やりなれない動きで明日からの筋肉痛が心配です。

12月13日(土)
年末に向けて家の掃除に明け暮れる。

12月12日(金)
委員会予備日のため、本会議休会。

12月11日(木)
3常任委員会開催。(総務・厚生・建設)
文教常任委員会は、今議会では議案が無いので協議会だけの開催となりました。

12月10日(水)
本会議開会。
一般質問4日目。
今日で21人すべての議員の一般質問が終了しました。
明日から常任委員会での議案審議に入ります。

12月9日(火)
本会議開会。
一般質問3日目。

12月8日(月)
本会議開会。
一般質問2日目。

12月7日(日)
川越市の市民相談の一つに結婚相談があります。
今日はその結婚相談が年1回主催する「きささぎの会」という催しを西文化会館で視察させていただきました。
社会的に晩婚化が進みそれに伴って少子化も急速に深刻な問題となっています。
そうした中で、自治体の施策は子育て支援に目が行きがちです。
しかし、産科や小児科医不足などの医療問題や保育所の待機児童の問題・経済的な困窮などと併せて、結婚したい方や中々出合いの機会に恵まれない方々を支援するこうした施策にも目を向けていかなければ少子化の根本的な解決にはならないのではないかと感じました。

12月6日(土)
地元の行事が重なり、民主党埼玉県連の局長会議に出られませんでした。
この時期、土曜・日曜日に結構予定が入りこんできます。

12月5日(金)
本会議開会。一般質問初日。
3番目に質問者として登壇しました。
議会報告はまた詳しくアップしていきますが、概要だけ掻い摘んでご報告させていただきます。
今回の質問は今期で引退する舟橋市長が就任された平成5年と決算が終わっている直近の平成19年度の財政状況について比較をさせていただきました。
まず川越市の借金の現状は、平成19年度末の一般会計ベースで760億4690万6000円となっており、舟橋川越市長就任時の平成5年度末の421億3356万4000円と比べると、この16年間で339億1334万2000円も増加をしたことになります。
市民一人当たりの市の借金の額で見てみると、平成5年度末では13万4214円でしたが、平成19年度末では市民一人当たり22万7014円となり、一人当たり9万2800円の増加となっています。
次に1世帯当たりの市の負債で見てみると、平成5年度末では39万6331円だったのが、平成19年度末では56万3456円となり、1世帯当たり16万7125円の増加となっています。
ここまでは川越市の一般会計ベースでの話でしたが、それでは一般会計以外の特別会計の負債や川越市が債務負担行為をしている土地開発公社などの借入金などを合わせた川越市全体の借金はいくらになるのか?
財政部長の答弁では、平成19年度末で1258億2991万5000円となり、市民一人当たりにすると37万5625円の借金になるとのことでした。
これらの数値はあくまで平成19年度末の数字での答弁ですので、現在はこれらの数値よりも悪化しているのが現状です。
国が定めた財政健全化法に基づく試算では川越市の財政はまだ「健全」であると市長をはじめ市の執行部の皆さんは声高に言いますが、これら数値の現状を見て果たして川越市の財政は健全だと感じる市民の方がどれだけいるのか疑問です。
これ以上書くと長くなってしまうので、続きは議会報告のページで記述していきたいと思います。

12月4日(木)
議会運営委員会に出席。
今回は21人の議員が一般質問に登壇予定です。
先日も書かせていただきましたが、今回私は「川越市の財政と借金の現状」について質問を行います。
川越市の財政運営は健全なのか?今、川越市に一体いくらの借金があるのか?川越市民一人当たりの市の借金はいくらなのか?等、川越市の財政状況について問い質していきたいと思います。

12月3日(水)
市役所の控室で一般質問の準備。

12月2日(火)
市議会本会議が開催されました。
今日は議案質疑で補正予算案に対しての質疑を行いました。
今回の補正予算では市議会議員補欠選挙の予算で約1700万円が計上されています。
すでに支出済み額と合わせると約2500万円の費用がかかるとのことでした。
1名の補欠選挙でも投票所や選挙ポスター掲示板の設置や投開票の立会人の確保などかかる手間は統一選挙の時とさして変わらないとのことでした。
これだけの予算をかけて行う市議会議員補欠選挙ですので、どうか皆さん投票に行ってください。お願いします。
ちなみに市長選挙と同日に行われる市議会議員補欠選挙ですが、日程は告示が平成21年1月18日・投開票日が1月25日となっています。

12月1日(月)
いよいよ平成20年も最後の月となりました。
何がどう変わるわけでもないですが、12月に入ると気持ちが焦るのは私だけでしょうか?
何かやり残したことがあるような無いような焦燥感に見舞われています。