9月30日(火)
9月も最後の日となってしまいました。
平成20年度の折り返しです。

9月29日(月)
午前中市役所で事務仕事を片付け、午後から川越地区消防組合議会の定例議会に出席。
8月6日に逝去された故菊地實市議の追悼が行われたあと議案審議に入りました。
今回は条例改正1議案と平成19年度決算議案1件でした。
両議案とも可決され、その後2名の議員から一般質問が行われました。

9月28日(日)
建設埼玉川越地区本部の青年部主催の子供木工広場を見学させていただきました。
川越西小学校の体育館で行われたイベントに伺うと、子供たちが列を作って並び、順番に本立てやペン立てや踏み台などを作っていました。
自分でトンカチを持ち、釘を打って作った作品が出来上がると、どの子どもも嬉しそうな笑顔を見せていました。
楽しく作品を作りながら、大工用具の便利さや危険性も学んでいくとても良い機会になっているのではないかと感じました。
これからも長く続けていただきたいイベントです。

9月27日(土)
早朝に電話が鳴り、とてもお世話になった方が急逝されたとの連絡を頂きました。
会社を定年されてから体調が悪いとのお話は聞いていましたが、それからわずか2年弱での逝去でした。
謹んでお悔やみ申し上げます。

9月26日(金)
川越市学校給食検討懇話会に出席。
川越小学校で実際に給食の試食を済ませた後、児童達の給食の様子を視察させていただきました。
私は主に1年生と2年生を見させていただきました。
先生の指導のもとテキパキと準備している姿に少し驚きました。
実際に食べる時間が少ないのでは?という意見が懇話会の中でも委員から多く寄せられていたので実際に食べている様子も確りと観察しました。
今回のメニューがスープとパンとチキンのフライという比較的食べやすいメニューだったせいか、時間内に食べ終えている児童も多く見られましたし、比較的食べ残しも少なく感じました。
先生に聞くと「今日は(残りが)少ないです。」という答えも返ってきました。
その後、会議室に移り検討懇話会のなかでも、他のメニューの時も見てみたいという意見が出されました。
原油や生活品の高騰の影響で学校給食の原材料費もかなり厳しい状況になっている中で、今後の川越市の給食をどの様に運営していくべきか今後も検討が続けられます。

9月25日(木)
第4回定例議会最終日。
午前中から始まった議会運営委員会に出席後、各会派代表者会議が開催されました。
議会として提出する意見書の文言調整などで開会は3時からとなりました。
補正予算案や道路認定議案など全案が可決されました。

9月24日(水)
民主党埼玉7区総支部の幹事会に出席。
7区内の自治体の定例議会の状況やそれぞれの活動などを報告した後、解散総選挙に向けた準備の打ち合わせに入りました。
選挙日程がなかなか決まらない中で、準備しなくてはならない衆議院議員の事務所って大変だなと感じながら話を聞いていました。

9月23日(火)
民主党埼玉県連の拡大選対会議に出席。
各候補予定者の事務所からも秘書が集められ約40人規模での打ち合わせとなりました。
事務手続きから県連と各事務所の役割分担などを確認しました。
選対会議が終わると、隣の部屋に移動し、民主党埼玉県連の第8回幹事会が開催されました。
来賓には党本部から山岡国対委員長にお越しいただき国会情勢などをお話しいただきました。

9月22日(月)
市役所で議会報告の準備。

9月21日(日)
あいにくの空模様。
夕方から友人3家族で食事会を企画していたので出かけようとすると大雨でした。
帰りはどうなるかと心配していたら、帰りはすっかり雨があがっていて無事帰途につけました。

9月20日(土)
朝から浦和にある民主党埼玉県連で衆院選対会議に出席した後、そのまま常任幹事会に出席。
一度、車を自宅に置きに戻り電車で再び北浦和にある労働会館へ。
そこで、核禁会議の総会に出席後、そのまま埼玉民社協会の定期総会に出席。
久しぶりに3年ぶりぐらいで議長を任されました。

9月19日(金)
平成19年度決算特別委員会に出席。
委員長に吉敷議員、副委員長に倉嶋議員が就任されました。
今後、総括質疑を経て各款ごとに審査がされていきます。
無駄な支出や事業がないか、ずらっと並んだ数字との格闘です。

9月18日(木)
今住んでいるアパートの契約更新をしました。
3回目の更新でしたので、もう6年住んでいる計算になります。

9月17日(水)
常任委員会開催日。
所属する建設委員会に出席。
議案は市営住宅の入居者2名に対する調停議案と市道の認定・廃止の議案でした。
市営住宅の議案は長期に亘り使用料を未納し、督促にも応じない2名に対し支払いと立ち退きを求める調停を起こす内容です。
毎月きちんと支払っている他の使用者や市営住宅入居の順番を待つ待機者のことを考えると、行政側が時間をかけ過ぎな感も否めませんでした。
こうした不良入居者に対しては、時間をかけずに厳格な態度や姿勢で臨むべきだと指摘をしました。

9月16日(火)
本会議開催、一般質問5日目。
登壇者の最後は民主党議員団で会派を組ませていただいている山木綾子議員の一般質問でした。
ふれあい拠点施設建設のために取り壊しが決まっている川越福祉センターに併設されている南公民館の今後の代替施設に関する質問と高階市民センター開設に引き続く市民センター構想について質問を行いました。

9月15日(月)
久しぶりに若葉ウォークで買い物を済ませ帰宅。
足の痛みも引かないので自宅で静養してました。

9月14日(日)
地元の自治会役員の方と雨水対策の打ち合わせ。
8月16日と28日の集中豪雨で大きな被害が出たことを受けて今後の改善策を打ち合わせました。
実際に被害を受けたお宅にも伺いましたが、水位が上がったところに印が付けてあり驚くくらいの高さに達していました。
これから台風シーズンを迎えるにあたって、短期的な処置と長期的な対策の両面からの対応が必要だと考えています。

9月13日(土)
浦和にある民主党埼玉県連で第45回衆議院議員選挙対策本部の会議に出席。
10月26日投票と11月9日投票の両にらみでの準備に入ります。
やることがたくさんあって書類を見ただけで頭が痛くなりました。

9月12日(金)
本会議開催、一般質問4日目。
途中に議会運営委員会が開催され一般質問の1日延長が確認されました。

9月11日(木)
本会議開催、一般質問3日目。
市長は入院加療のため、副市長が市長の代理を務めることで本会議が開会されました。
市長答弁を副市長が代読する形でスタートしましたが、市長がこれまで市庁舎建設に関して議会で答弁してきた内容が事実上ほとんど全て訂正される答弁となりました。
「川越駅西口に新たな市庁舎を1円もかけないで建設していく。」「他市には役所の上にマンションが建っているところがある。」などと全く事実と異なる弁を繰り返してきた市長答弁が、覆される形となりました。
市長答弁がここまで覆されると、過日に市が行った市庁舎建設に関わるアンケート調査の前提条件すら意味のないものになってきます。
議会を通して市民までも惑わすようなこれまでの答弁に強い憤りを感じました。

9月10日(水)
議会運営委員会に出席。
市長が昨日の一般質問の途中で体調を崩し入院したことで、本会議が開会されませんでした。
昨日、一般質問に対する答弁の際、登壇して答えるべきところが自席の処でぶつぶつと答弁を始めてしまいました。
議長の制止も耳に入らなかったようで、周りの職員に促されて初めて気がついた様子でした。
その後の答弁にはとうとう登壇せず、副市長からの要請で本会議が休憩に入り本日を迎えました。

9月9日(火)
本会議開催、一般質問初日。
本日3番目に一般質問を行いました。
自主防災組織との連携については、川越市で今後整備していく要援護者リストの取扱いと自主防災組織との情報の共有について質問しました。
実際に災害が起きたときに要援護者を速やかに救助していく為には、各地域や自主防災組織でまとめたリストに加えて川越市で作成したリストを突き合わせておけばより精度の高い支援リストができると考えています。
川越市役所内だけでなく各自主防災組織と情報を共有することでより効果的に要援護者リストを運用していけるように取り組んでほしいと強く要望しました。

9月8日(月)
議会運営委員会に出席。
一般質問の通告者の確認。
今議会では21人の議員から質問通告が提出されました。
明日から通告順に一般質問が行われます。
私は今回「市の防災対策と自主防災組織との連携について」「姉妹都市交流について」質問を行います。

9月7日(日)
ソフトバレーボールの大会に出場。
第1試合の1セット目で捻挫をしてしまい、全く役に立てない1日でした。

9月6日(土)
通信興業労働組合の第49回定期大会に出席。
その後、子供が通学している知り合いに連れられて城西川越中学・高校の文化祭を見学。
男子校の文化祭を見学させていただくのは初めてでしたが、物凄く熱気のある文化祭でした。

9月5日(金)
議案質疑2日目。
昨日に引き続き議案に対する質疑が行われました。
今日は昨日からの議員を含めて3人の議員が登壇。
議案の中で、議案第103号の開発行為による市道認定議案の中で福原地区内の路線が農振除外申請時と今回の市道認定議案時で道路幅員が違い、路線に沿って幅25センチの残地が残っていることが判明しました。
開発業者側で隣接農地に影響が出ないようにフェンスや土留めを行うという説明でしたが、いわゆる道路構造物となっている以上市へ採納されるべきものではないかという意見が出されました。
議案質疑が一時中断され、議会運営委員会で市執行部側は議案そのものを取り下げさせていただきたいとの申し入れがなされました。
議会へ上程された議案が取り下げられるような不始末は実に17年ぶりの出来事とのことでした。

9月4日(木)
午前中に会派代表者会議が開催されました。
その後、議会運営委員会が開催され本会議開催という流れになりました。
今日は上程された議案に対する議案質疑が行われ9人の議員が登壇しました。

9月3日(水)
議案調査日のため休会。
連合川越・西入間地協の幹事会が始まる前に、埼玉労福協主宰の中小企業サービスセンターの広域化を進めるための説明会に出席。
共済制度やサービス内容をさらに充実させていく為に広域化を進め、スケールメリットを発揮していかなければ今後の存続も含めて厳しい状況にあるとのことでした。
中小SCを設置している自治体も県内で限られているので、未設置自治体との協議も必要だと感じました。

9月2日(火)
午前中の議会運営委員会に出席した後、午後1時から議場コンサートが行われました。
「プリモ」の皆さんによる歌を聞かせていただきました。
午後2時より本会議が開会し、冒頭に菊地実議員(故人)と急逝された元市民部長に対する黙とう並びに追悼文の読み上げが行われました。
その後休憩を挟み、正副議長ほか各会派代表によるご遺族への挨拶が行われ本会議が再開されました。

9月1日(月)
見事な筋肉痛を引き摺りながら事務仕事。
明日から始まる定例議会の準備に追われました。
今回の一般質問は防災に関することと姉妹都市交流に関することについて質問していきたいと思います。