4月30日(水)
あっ!という間に4月も終わってしまいました。
お天気も夏日を思わせるような気温の中、午後から地元の霞ヶ関東小学校のPTA総会にお招きを頂き、出席してきました。
議事を聴かせて頂く中で、PTAの皆さんの年間を通しての学校行事や地域活動など活発な活動に頭が下がりました。
子供たちを取り巻く社会環境が、近年決して良くなっているとはいえない状況の中で、保護者や学校だけではなく同じ地域で暮らす私たち大人の責任をもう一度考えていかなければならない時期に来ているのではないでしょうか。
「目配り・気配り・思いやり」いつか聞いた言葉を思い出しました。

4月29日(火)
休日や祝日のほうが市民相談を受けることが多いのですが、今日もご多分にもれず午前3件・午後4件の相談を受けてきました。
議員としてお応えできることや専門家(弁護士・司法書士や行政書士)でなければ対応しかねることなど多種多様な相談でしたが、一人で長期間悩んで事態を悪化させるより相談して頂いたほうが何か良い手立てが見つかると考えています。
市役所の市民相談を利用するのも手ですし、弁護士会の法律相談やお近くの民生児童委員、近所の議員などにお気軽に相談してみてください。

4月28日(月)
午前中、市民相談を受けたあと、北浦和にある事務所へ訪問。
午後から埼玉会館で埼玉民社協会の第1回理事会に出席し、夕方からふじみ野市内で行われた選挙報告会に出席。
今回の再選挙の結果をしっかりと受け止めて、これからの政治活動に生かしていきたい旨の話がやぎ氏本人から語られました。

4月27日(日)
埼玉県議会西5区(旧上福岡市域)で行われていた再選挙の投開票が行われました。
民主党公認で立候補していた「やぎ 昭次」候補は、5003票の得票を得ましたが残念ながら当選するに至りませんでした。

4月26日(土)
連合埼玉が主催するメーデーに参加。
山根隆治議員の秘書時代から参加させて頂いていますが、毎年多くの参加者で盛り上がっています。
今年は、ガソリンの暫定税率の復活や後期高齢者医療制度の開始など、市民生活に直結する悪質な法案がその姿をあらわにしてきました。
片や、勤労者の賃金や可処分所得はここ数年、横ばい若しくは低下という厳しい状況になっています。
国民に負担を強いるときだけもっともらしい言い訳をし、省庁や官僚の不始末・不祥事の時はのらりくらりとはぐらかし誰も責任を取ろうとしない今の政府の姿勢では、この先の私達の生活は悪くなる事はあっても良くなる事なんて想像だにできません。
特に、国民生活をまるで他人事のように扱う福田首相の発言からは将来に対して明るい展望を見出すことが出来ないのは私だけでしょうか?

4月23〜25日
終日、ふじみ野市内で応援。

4月22日(火)
埼玉電力総連の躍進集会に参加。
埼玉県の労働局長や県内首長・議員など多くの来賓をお迎えしての盛大な会となっていました。
私達の日常生活に欠かすことのできない電力の安定供給という大事な仕事に日々携わっている皆さんには、感謝の言葉しか見つかりません。
高圧線や高所作業など危険が伴う仕事も多々あるというお話を伺い、生命に直結する労務災害にだけはくれぐれも気を付けて頂きたいと思いました。

4月20〜21日(日)
終日、ふじみ野市で応援。

4月19日(土)
民主党埼玉県連の常任幹事会に出席。
先般行われた志木市議選と坂戸市議選の結果報告や党本部主催の地方議員フォーラムなどを協議しました。
その足で、ふじみ野市で行われている県議選再選挙の応援へ。

4月18日(金)
今日から埼玉県議会西5区(上福岡市域)の再選挙が告示されました。
元自民党県議会議員の選挙違反による失職に端を発した今回の選挙は、政治とカネという古い政治を一掃していくための大切な選挙です。
投票日は4月27日(日)となっています。

4月17日(木)
連合川越・西入間地協のチャリティーボウリング大会にお招きをいただき、参加させて頂きました。
私自身の成績はお伝えするほどのものではありませんでしたが、第2次ボウリング世代?の皆さんの上手さに吃驚しました。
楽しいひと時をご一緒させて頂くことができました。

4月16日(水)
明後日から始まる、埼玉県議会議員西5区再選挙(旧上福岡市域)の準備。
午後から市民相談を市役所控室で受け、その足で山根事務所で事務処理。

4月15日(火)
川越市議会第2回臨時議会が開催されました。
長寿医療制度(後期高齢者医療制度)の導入に伴う条例改正の専決処分承認案と戸籍法改正に伴う条例の文言整理の議案の2議案を審議しました。
審議の結果、2議案とも全会一致で可決・承認されました。

4月14日(月)
中間選挙から一夜開けて、市役所で明日の臨時議会の準備。

4月13日(日)
志木市議選・坂戸市長選・市議選の投開票日。
志木市では民主党公認候補2名が議席を確保しました。
一方の坂戸市長選・市議選では、推薦した現職の伊利仁坂戸市長が当選し、3期目の市政運営を担っていくことになりました。
市議選では、現職と新人の公認候補2名を擁立し、選挙戦を戦ってきましたが新人1名の当選となってしまいました。
地元の埼玉10区総支部長の対応がどの様なものだったのか、後ほど確りと総括を聞かせてもらいたいと考えています。

4月12日(土)
坂戸市議選の打上式に参加。
志木市議選と坂戸市長選・市議選は明日が投票日となっています。

4月11日(金)
市役所で事務仕事を一段落させてから、志木市議選の応援へ。
市域を川越と比べるととてつもなく狭い中で、20名近い候補者が選挙カーを走らせていると他候補と遭遇する確率も高すぎます。
仲間の応援に入ると、近隣自治体の財政状況や今大きな課題になっている事、その自治体の新しい施策など勉強になることが沢山あります。

4月10日(木)
坂戸市議選と同じ日程で行われている志木市議選の応援。
こちらも民主党では現職1名・新人1名を擁立しています。
議員定数を15名まで削減し、19名の候補者たちが選挙戦を繰り広げています。
午後から埼玉電力総連に推薦依頼に伺い、市内に戻って市民相談を受けに回りました。
暖かくなったり寒くなったりで、体調を崩している人が周りに増えてきました。

4月9日(水)
午前中、浦和のUIZ埼玉県支部にて推薦依頼を終えた後、市役所に戻り事務仕事。
夕方から、坂戸市議選に立候補している仲間のところへ応援に行きました。
定数24名のところに有力な新人を含めて31名の候補が厳しい戦いをしています。

4月8日(火)
土砂降りの雨の中、市内小中学校の入学式が行われました。
私も地元の霞ヶ関東中学校の入学式に参加をさせていただきました。
131名の新入生たちは緊張した面持ちでしたが、列席されていた保護者の皆さんの嬉しそうな表情がとても印象的でした。
昨今は胸が痛むような凶悪な犯罪が頻繁に報道されていますが、卑劣な誘惑に惑わされることなく、義務教育の最後の3年間を思いっきり学び・楽しんでもらいたいと思いました。

4月7日(月)
埼玉県議西五区補選の民主党の候補予定者が決定しました。
「八木昭次(やぎ あきじ)」氏です。
警視庁の警察官を経て国会議員秘書、衆議院候補者などを経験し、現在は小宮山泰子衆議院議員の公設秘書を務めている方です。
自民党の県議会議員が起こした贈収賄事件に端を発した今回の補欠選挙は民主党の組織をあげての総力戦になります。

4月6日(日)
朝一番に志木市議会議員選挙に出馬している山崎東吉候補の出陣式に参加し、そのまま坂戸市長選挙の伊利仁候補の出陣式に出席し、そのあと坂戸市議会議員選挙に出馬している手塚重美候補の出陣式に参加してきました。
1日に3つの出陣式に参加するのはたぶん初めてです。

4月5日(土)
民主党埼玉県連の委員長・局長会議に出席。
私が局長を務める市民青年局には、今回も多くの議員が所属をしていただくことになりました。
NPO団体や市民団体など地域で一生懸命に活動している方々との意見交換会を積極的に展開していきます。

4月4日(金)
民主党埼玉県第7区総支部の会議に出席。
今月18日が告示となる埼玉県議西5区補選に向けた打ち合わせを行いました。
すでに他党は候補予定者を決めているので、1歩出遅れ感はありますが民主党も候補者を擁立していく予定です。

4月3日(木)
市役所で市民相談を受けた後、夕方から川越駅東口デッキで行われた連合埼玉主催の春闘活動に参加。