9月30日(日)
雨と寒さと案の定の筋肉痛で不自然な動きをしていた1日でした。
明日からはいよいよ10月に突入です。
時間の過ぎる速さが一段と早く感じる今日この頃です。

9月29日(土)
ソフトバレーボールの練習に参加。
1ヶ月以上参加できていなかったので、久しぶりに体内の毒が汗と一緒に流れ出た感じです。
明日以降の筋肉痛が心配です・・・。

9月28日(金)
川越地区消防組合定例議会に出席。
今度新しく組合に導入される通報発信地表示のための通信設備の随意契約など3議案を審議可決しました。
一般質問では2人の議員が登壇しました。
ここでも大規模災害時の消防本部の老朽化の問題が取り上げられました。
答弁によると、耐震性を示すIS値が消防本部では0.6しかなく防災拠点に求められる0.9を大きく下回っているとのことでした。
建て替え等の試算は約35億円に上るということでしたが、何かあった時に消防本部が役に立たないような事態だけは避けなければなりません。
真剣に今後の計画を立てていかなければならない時期に来ていると感じました。

9月27日(木)
党本部の役員と打ち合わせのため、参議院議員会館にある山根事務所へ久しぶりに行きました。
参院選後ということもあって、知っている顔も随分と少なくなってしまったのが少し寂しかったです。
山根議員や他の議員の秘書と雑談をしながら、秘書の募集について話が及びました。
他の議員の事務所も丁度ここで募集を就職雑誌でかけて面接中という話でしたが、山根事務所では今回新聞の求人欄で募集をかけたとはじめて聞きました。
新聞で募集をかけても応募があるのかと心配して聞いてみると、それでも30名以上の応募が来ていますということでした。
まさかそんなに来るとは考えもしなかったので、新聞の求人欄もなかなかあなどれないと感じた出来事でした。
ちなみに、すでに応募は締め切ったそうです。

9月26日(水)
第5回定例議会閉会日。
今議会の中では、他の議員の一般質問に対して、市長が庁舎の移転・建て替えに言及する場面もあり新聞各紙で取り上げられました。
現在の庁舎に対しては、多くの議員がこれまでも狭隘化や築年数の増加による耐震の弱さなどを指摘をしてきましたが、今までは市長から将来の明確な考えや対応を答弁として聞くことができませんでした。
庁内で、職員による検討会議がもうけられ今後の庁舎問題について様々な議論が行われている段階で、結論も出ていない中で市長が突然独断専行で移転・建て替えにまで踏み込んだ発言をすることに強い違和感を感じました。
真剣に議論をしている職員を蔑ろにし、トップダウンで施策を進めるようなやり方は全く理解できないし、長期政権が生んだ歪みの一つにしか見えませんでした。

9月25日(火)
明日の閉会日を控えて、議案書をもう一度チェック。
夕方からは、初当選のころから手伝ってもらっている友人と夕食。
久しぶりに大宮に出たのは良いけれど、川越とは比較にならない人の多さに落ち着きませんでした。

9月24日(月)
毎週のようにやってくる3連休ですが、初日しか休めていないのが現状です。
昨年の今頃は、4月統一地方選に向けて気持ちがそわそわしていたことを思い出しながら9月の終わりを迎えております。
明日は十五夜です。中秋の名月が見られると良いですね。

9月23日(日)
民主党埼玉県連の自治体議員団主催の研修会に参加。
佐々木教授の地方分権と自治体の財政についての講習は、とても勉強になりました。
国が進める三位一体の改革で、地方自治体への補助金や交付金は年々削減されていく中で、自治体としていかに自主財源を確保していくかがこれからの大きな課題になってきます。
税源移譲が進まない中で、事務権限ばかりが委譲され自治体の仕事が増えてもそれに見合う財源が移譲されなければ、自治体の持ち出しばかりが増えてしまうことになります。
中央官庁や官僚の既得権益の象徴ともいえるひも付き補助金行政を徹底的に見直し、地方自治体への税源移譲に移し替えてかなければならないと改めて強く感じました。

9月22日(土)
久しぶりにお休みをいただきました。
家族サービスの1日でした。

9月21日(金)
鶴ヶ島の高橋剣二市議と夕食をともにしながら意見交換会。
行政書士としても活躍している新進気鋭の若手市議です。
貴重なアドバイスをもらいながらも楽しく時間を過ごしました。

9月20日(木)
埼玉育児院の後援会発起人会に出席。
様々な理由で親と同居できない子供達を地域で応援していくために後援会を発足していくことになりました。
私自身がどこまでお手伝いできるか分りませんが、できうる限りの応援をしていきたいと思います。

9月19日(水)
建設常任委員会に出席。
事件案11件を審議し、全案原案可決しました。

9月18日(火)
一般質問5日目。
いよいよ一般質問も最終日です。

9月17日(月)
矢部節埼玉県議会議員の県政報告会に出席。
こちらも会場は県議の支援者で埋め尽くされていました。
来賓には上田県知事をはじめ山根参議院議員・小宮山衆議院議員など国政・県政・市政の議員が多数来ていました。
4月の統一地方選に始まり7月の参議院選そして8月の知事選と選挙ばっかりの年となりましたが、やっとここらで一段落です。
議員としての職責をそれぞれの立場で全うしていくことが、川越での民主党の評価につながってくると再確認をしました。

9月16日(日)
地元の老人会の催しに参加。
最高齢の方は99歳と聞いて、2倍・3倍の人生経験を積まれている皆さんと楽しい時間を過ごさせていただきました。
午後からは、川越城築城550周年記念シンポジウムに参加をしました。
川越城を築城した太田道灌氏の子孫にあたる方の基調講演など、興味深い話がたくさん聞けました。

9月15日(土)
民主党埼玉県連所属の埼玉12区総支部長、本多平直さんの結婚披露パーティーに出席してきました。
お相手は、同じく民主党の衆議院議員(新潟1区)西村智奈美さんです。
民主党関係者や本多さんの支援者など大勢の人が会場を埋め尽くし、お二人の幸せを祝福しました。

9月14日(金)
一般質問4日目。

9月13日(木)
一般質問3日目。

9月12日(水)
一般質問2日目。

9月11日(火)
一般質問1日目。
私も5番目に質問を行いました。
今回は子育て支援策の充実について何点か質問しました。
1つ目は、川越市内の児童虐待の現状と今後の対応について問いただしました。
川越市が受け付けた通告件数は平成18年度については106件で、埼玉県川越児童相談所で受け付けた虐待相談は87件ということでした。
虐待相談の内容も身体虐待が41件・ネグレクト(育児放棄)が29件・性的虐待2件・心理的虐待が15件というものでした。
近年の傾向としては、1種類の虐待ではなく身体虐待と育児放棄など複合的な虐待が増加傾向にあるということでした。
全国的に非力な子供達が犠牲となる虐待行為が度々報道されている昨今、川越市として児童虐待についてはアンテナを高くし、早期発見・早期対応を強く要望しました。
2つ目は、川越市の公立保育園の運営について質問を行いました。
川越市が現状で認識している課題としては、100名を超す待機児童や保育料の滞納問題・延長保育や病児・病後児保育の早期開始など山積しています。
中でも、病児・病後児保育の早期開設を要望させて頂いたのとともに、育児休業明けの保育所入所の弾力的な受け入れを求めました。
3つ目は、こども医療費支給の拡大について質問を行いました。
平成20年1月に埼玉県が、平成20年4月からは国の制度が改正され、川越市の予算負担が約8700万円軽減されることになります。
そうした制度改正に合わせ、現在、川越市のこども医療費支給事業のうち、未就学児で区切られている通院医療費の支給対象を満7歳までの拡大を求めました。
身体的に未発達な6歳〜7歳児に対して、一律に小学校就学という区切りで打ち切ってしまうのでは、同じ学年でありながら4月2日生まれの子供と翌年の4月1日の早生まれの子供では、通院医療費の受給資格が約365日(1年)の不公平ができてしまうことを指摘しました。
国・県の制度改正に合わせて、こうした行政サービスの不利益・不公平を少しでも改善していくことも行政に課せられた大事な役割だと指摘しました。
市長からは、近隣市町村の状況も見ながらなるべく意に沿うようにしていきたい旨の答弁がなされました。

9月10日(月)
議会運営委員会に出席。
25人の議員がそれぞれに質問項目を通告し終え、明日から一般質問が順次行われていきます。

9月9日(日)
茹だる様な暑さの中、ちょっとした買い物に行きました。
前々から欲しかった、空気を入れて膨らませるタイプの首にくっ付けるU字型の枕です。
電車での長時間移動のときなどに使用している人を見て、買おう買おうと2年越しの買い物でした。
一つ500円だったので2つ買って、帰りました。
午後からは、来週の一般質問の準備でした。
来週の9月11日(火曜日)の5番目に一般質問を行う予定です。

9月8日(土)
民主党埼玉県連の常任幹事会に出席。
10月に行われる所沢市長選挙に出馬予定の当麻よしこ県議からの推薦依頼が協議され、満場一致で推薦が決定されました。
埼玉県の民主党を創成期から支えてこられた当麻よしこ県議の必勝に向けて、できうる限りの応援をしていきたいと考えています。

9月7日(金)
本日午後5時を持って、一般質問と請願の受け付けが締め切られました。
来週の月曜日に議会運営委員会が開催され、それぞれの議員が通告した一般質問の項目が確認されて、火曜日から一般質問が順次行われていきます。

9月6日(木)
日程変更により休会。
夜になって台風が近づくにつれ、風と雨が強くなってきました。

9月5日(水)
台風の接近で生暖かい空気が漂い始めました。
今日は、本会議が開催され議案質疑が行われました。
市立川越高校の授業料の値上げにかかる条例改正議案に2名・新清掃センターリサイクル施設建設の契約議案に4名・補正予算案に1名の議員が登壇しました。
中でも、リサイクル施設建設事業の契約議案は、指名競争入札の結果、落札金額を入れた業者と最高金額を入れた業者の差額が20億円も出てしまう結果となりました。
最低制限価格を設定しないで行われた指名競争入札でしたが、あまりにも入札金額の差額が高額になっていることには疑問を感じています。

9月4日(火)
議案調査日のため本会議休会日
市役所の控室で一般質問の打ち合わせを行いました。
今回の一般質問では、「子育て支援策の充実について」質問をしていく予定です。
その中でも、こども医療費支給事業、保育園運営、児童虐待の現状について質問を行っていきます。

9月3日(月)
川越市議会第5回定例会が開会しました。
開会に先立ち、午後1時より議場コンサートが開催され、ロス・アンディーノの皆さんによる演奏が行われました。
議会運営員会が開催された関係で、午後3時からの本会議開会となりました。
平成18年度決算13件・条例改正8件・工事請負契約1件・市道の認定廃止8件・平成19年度補正予算3件・継続費清算報告1件が上程されました。
今後、議案質疑・一般質問を経て、常任委員会での審議に入っていきます。

9月2日(日)
山根参議院議員と打ち合わせ。
参議院選挙が終わり、今後の事務所体制や活動の方向性などを打ち合わせました。
2年以内に衆議院総選挙を控え、川越市長選挙も再来年に行われる予定の中で、今後も地元に密着した活動を展開していきます。

9月1日(土)
あっという間に9月に突入してしまいました。
この時期になると、各単組の定期大会が多くなってきます。
午前中、2件の定期大会に出席し、午後から杏林大学の教授をお招きしての講演会に参加してきました。
参議院選挙の結果を受けての今後の外交問題や世界情勢の中での日本の役割など、1時間の講演に聞き入ってきました。
遠い昔になってしまった大学時代の授業を聞いている雰囲気を少しだけ思い出しました。