6月30日(土)
プレス民主号外をポスティング。

6月29日(金)
市議会四常任委員会開催日。
私は所属する建設常任委員会に出席しました。
最初に正副委員長の互選を行い、議案審議に入りました。
今回は、市営住宅入居者で家賃を長期滞納している4名に対し、支払と退去を求める調停議案が4件と市道認定・廃止議案でした。
滞納額で一番高額なのは、3,131,100円にも及ぶことが分りました。
こんな高額になるまで市役所は何をしていたのか?
督促や訪問指導はしていたとのことですが、民間ならとっくに退去していてもおかしくない状態です。
100名以上の入居希望待機者がいるのに、こんな悪質な入居者を住まわせ続けてきた川越市の行政としての姿勢は不公平極まりないと感じました。

6月28日(木)
川越市議会本会議一般質問6日目。
今議会で一般質問の通告をした24人の議員の一般質問が終了しました。
改選後ということもあって、それぞれ選挙で訴えてきた公約や川越市の施策について熱のこもった質問をしていました。
明日は、四常任委員会(総務・文教・建設・厚生)が、同日開催される予定です。

6月27日(水)
川越市議会本会議一般質問5日目。
一般質問を通告している議員も残り少なくなってきました。
明日で一般質問も終了予定です。

6月26日(火)
川越市議会本会議一般質問4日目。
3時休憩に議会運営員かが開催され、一般質問を2日延長することが確認されました。
ということで、明日と明後日も本会議での一般質問が続きます。

6月25日(月)
川越市議会本会議に出席。
一般質問3日目。
質問者も流れ出すと意外とスムーズに進行しはじめました。

6月24日(日)
昨日の疲れを引きずったまま、プレス民主のポスティング。
午後から明日の駅頭活動の資料を作るために、山根事務所へ。
午後6時から、坂戸のお寺で行われた民主党全国キャラバン隊のミュージカルへ出席。
劇団四季の役者さんたちによる政策ミュージカルを市民の皆さんと観劇しました。
30分にまとめられた劇でしたが、とても解り易くて素晴らしいものでした。
明日は山梨に行くそうです。

6月23日(土)
午前中に会議に出席した後、午後からプレス民主のポスティング。
疲れました。

6月22日(金)
午前10時に開会した後、すぐに休憩に入り議会運営委員会が開催されました。
読売新聞の朝刊をご覧になった方はお分かりだと思います。
午後から議会も再開され、私も一般質問で登壇しました。
川越市の業務委託と題しての質問でしたが、同じ項目で3年ぶりの質問となりました。
3年前に契約課に作ってもらった「競争入札を執行している業務委託で5年間同じ業者が落札している委託」の資料をもとに、直近の状況の資料を提出してもらい質問を行いました。
前回の質問で不自然な業務委託の改善を求めたのに対し、どれだけの成果が出ているかを確認するつもりでしたが資料内容を精査すると、より不自然な実態が明らかになりました。
競争入札をしているにもかかわらず、平成11年から平成18.19年の間に同じ企業が同じ金額で最長7年も連続して落札している委託2件に始まり、3年以上同じ企業が同じ金額で落札している業務委託は合計24件にも上りました。
あくまで提出していただいた資料の中での数値ですが、資料に載っていない業務委託や平成11年以前のことを考えると背筋が寒くなる思いがしました。
透明性や競争原理が働いていると主張する川越市に、不自然な入札や委託を判断する基準を問いただしても、「そういう基準はありません。」と答弁するのに対し、こんな不自然な業務委託はすぐに改善していくべきだと強く迫りました。
これら川越市の業務委託については、今後も継続して改善されているかを確認していきたいと思います。

6月21日(木)
一般質問初日。
議員の質問に対する答弁で議会が休憩に入りました。
その間に議会運営員会が開催されるなどしましたが、今日はそのまま散会となりました。
その理由は、明日の朝刊に載るかもしれません。

6月20日(水)
議会運営委員会に出席。
一般質問の通告の確認をしました。
今回は26人の議員が市政に関する一般質問をしていく予定です。

6月19日(火)
議会質問の打ち合わせ。
その後、地元に民主党の機関紙「プレス民主」の号外をポスティング。
暑さにも少しずつ慣れてきた感じです。
明日は議会運営委員会が開催されます。

6月18日(月)
朝、霞ヶ関駅南口で駅頭活動。
参議院選が近づいていることもあり、「頑張れよ!」と声をかけてくれる方も増えてきました。
そのまま市役所で議会質問の準備に入りました。
先般記述しましたが「川越市の業務委託」についての質問の要旨をまとめました。
単年度では、毎年入札をしながら業務委託を発注していく過程で結果に不自然さを感じることは無いかも知れませんが、その入札結果や入札金額を各年ごとに並べてみると・・・。
不自然であってはいけないものが、今回取り寄せた資料の中にも私には不自然に見えてくる業務委託が複数件。
私の思い過しなのか?それともやっぱり不自然なのか?というところを川越市に質問していきたいと思います。
夕方から川越駅東口デッキ上で民主党街頭演説会を開催。来月の参議院選に立候補予定の山根隆治参議院議員と地元の小宮山泰子衆議院議員そして、山根隆治議員の応援のために北海道から松木けんこう衆議院議員と愛知の河村たかし衆議院議員が駆け付けて下さいました。
日本一広い小選挙区で戦う松木けんこう議員の明るい話術とテレビでお馴染みの河村たかし議員の独特の話口調に多くの人が耳を傾けてくれました。
来月の参院選と政権交代に向けて、政党活動も本格的にスタートです。

6月17日(日)
父の日です。
自宅周辺に山根隆治議員のチラシをポスティング。
夏のような暑さに汗を掻き掻き、頭がクラクラしながらチラシを撒きました。
夜、家に帰り○○○で水分補給。美味しい季節がやってきました♪

6月16日(土)
朝9時から浦和にある民主党埼玉県連の委員長・局長会議に市民局長として初めて出席。その後に開かれた常任幹事会にも出席。
今回の常任幹事会では、空白となっていた衆議院埼玉県第8選挙区(所沢市・三芳町・ふじみ野市の一部)の総支部長候補を承認し、党本部へ上申することが確認されました。
小野塚勝俊(おのづか・まさとし)さんという方で、元日銀マンで爽やかさと政治への情熱を併せ持つ方です。
午後から、連合川越・西入間地協の組織代表者会議に出席。約10分の時間をいただき活動報告をさせていただきました。
この会議が終わると川越にとんぼ返りし、民主党埼玉県第7区総支部会議に出るため小宮山泰子事務所へ。
ふじみ野市の県議会議員が選挙買収容疑で裁判中ということもあり、今後この選挙区で民主党としてどのような候補者を擁立していくかどうか話し合いました。
裁判中ということもあり、まだ時間がかかるだろうということから状況を見ながら候補者擁立については協議していくことになりました。

6月15日(金)
市議会本会議(議案質疑)
4名の議員が議案質疑で登壇しました。
4名の議員とも議案第48号から51号の市営住宅家賃の高額滞納者に対する調停の申し立て議案に質疑を行いました。
それぞれの議員の質疑の中で、市営住宅入居者の家賃滞納している割合が約3割いることが分り、大きな衝撃を受けました。
ただでさえ民間と比べれば安い市営住宅の家賃であるのに、その家賃をきちんと納めていない人が入居者全体の3割にも上るって一体どういうこと?と驚きを隠せませんでした。
厳しい生活の中でもきちんと家賃を納めている人がいるのであれば、家賃を悪意で滞納するような方には毅然とした対応で臨まなければ行政の公平性など単なるお飾りにしかすぎなくなってしまいます。
他の議員の質疑に対する答弁を聞いていて、今までの川越市のヌルいやり方が今のとんでもない現状を作ってしまった一つの大きな要因であると強く感じた1日でした。

6月14日(木)
朝6時30分から川越駅西口で山根隆治参議院議員の駅頭活動に参加。
議会は議案研究日のため、休会となっていましたが市役所で質問準備。
今回は「川越市の業務委託」について質問をしていきたいと考えています。
川越市が発注している各種業務委託は、透明性が確保された形で発注されているのか?
3年前に一度この質問をした時には、不透明さを感じる部分がかなりあったので、3年経過しどれだけ改善されたのかを聞いていきたいと思います。

6月13日(水)
午前中に議会運営員会が開催され、午後1時より川越市議会第4回定例議会が開議。
専決処分や繰越明許費などの報告事項が数件なされた後、消防組合議会議員・農業委員会員・議選の監査委員が決まりました。
続いて、市長より議案が提出されました。
今回の議会に提出された議案の中で特に注目なのが、市営住宅入居者のうち家賃を長期滞納している4名に対して簡裁に調停を申し立てる議案が提出されました。
これらの議案は今後、本会議での議案質疑・委員会質疑を経ていくことになりますが、埼玉県の県営住宅ではとっくになされている事が、川越市でもやっと始めたいということになります。
川越市による度重なる催促や訪問指導に対して、なんら誠意ある対応を取らず話し合いにも応じない悪質な滞納者に対しては毅然とした態度で臨まなければなりません。
市営住宅は入居希望者が多く、長年にわたり順番待ちをしている方が大勢いる一方で、悪質な家賃滞納者も長年にわたり市営住宅に住み続けている例が少なくないのが現状です。
それぞれの個別の事情は最大限に考慮するにしても、こうした不公平・不公正な現状は早期に改善していく行政の姿勢が問われていくことになります。

6月12日(火)
午前中、役所で地域の問題の相談を受けた後、明日の定例議会の準備。
午後から山根参議院議員の政治活動用ポスターの貼り付けで市内を走り回りました。
真夏のような暑さに、全身の水分が汗となって滴り落ちてくるのを感じながら貼り回りました。
回っていると、年金問題についての不安を感じているという意見を多く頂きました。
後から後から出てくる年金記録の不整備ぶりを見ていると、社会保険庁って仕事を何してたの?と首を傾げる程度じゃ済まなくなってきています。
常識では考えられないずさんな管理体制の下で長年に亘りずさんな仕事をして、国民の将来を不安にさせ続けている責任は誰が取るのか?
中央省庁がこんな仕事ぶりでは、何を信用していいのか分からなくなってしまいます。

6月11日(月)
午前中、浦和にある山根事務所で参議院選挙の届け出書類の打ち合わせ。
今までいろんな選挙のお手伝いをしてきましたが、市議選や県議選に比べて書類の量が半端じゃないです。
選挙の規模が違うのだから当たり前といえば当たり前ですが、万に一つも間違いがあると大変なことになるので細心の注意と複数での確認作業が必要になってきます。
6年前の幽かな記憶を記憶を頼りに15日の事前審査に向けて急ピッチで作業を進めていくようです。
午後から川越市内に帰り、市役所で質問準備。
選挙戦で皆さんに訴えてきた政策について、市執行部と議論していきたいと思います。

6月10日(日)
民主党の広報車で川越市内を街宣活動。
小宮山泰子衆議院議員・矢部節県会議員・山木綾子川越市議と私で山根隆治議員を応援する街宣活動でした。
最後に、川越駅西口で小宮山代議士と山根議員による街頭演説会を行いました。
その後、埼玉民社協会の理事会に出席しその後、山根隆治参議院議員を励ます会に出席。
その後、川越に戻り川越地区地方議員団で打ち合わせ。
なんだかいつもより体に疲れを感じました。

6月9日(土)
片野ひろたかサポーターズクラブの活動日。
川越市内に政治活動用ポスターを貼りまわりました。
途中の雨にも負けず、何軒も断られようと、集まってくれた若者たちは頑張ってくれました。
政治はこうした地道な活動から始まることを改めて実感しました。

6月8日(金)
小宮山事務所に山根議員と小宮山代議士との2連ポスターを取りに行きました。
週末、ポスター貼り付け活動を行う予定です。
山根議員のポスターを貼らして頂ける方は山根事務所049‐230-1350までご連絡ください。

6月7日(木)
流通店舗の朝礼で市政報告をさせて頂きました。
ここ数日で、市県民税の納税通知書が送られてきているので皆さんから「高い!」という意見を集中していただきました。
所得税の減税とのセットで市県民税率が上がりましたが、トータルで見るとやっぱり負担増になっています。
負担が増えた分、行政サービスは向上するのか?みなさん注目です。

6月6日(水)
市役所で相談ごとを受け、そのまま、議案説明会に出席。
その後、週末に予定している川越市内での政治活動に備えての準備。
私の選挙でも大活躍してくれたメンバーが集結しての一斉政治活動の予定です。

6月5日(火)
東武東上線霞ヶ関駅北口で駅頭活動。
昨日と同じく、山根隆治議員が掲載されている年金問題のチラシを配布。
月曜日に山根議員が参議院本会議で年金問題について民主党を代表して質問に立ったこともあり、チラシを受け取った方から「テレビで見たよ」と声をかけていただきました。
それでもまだこの時期だと、駅の利用者の皆さんの反応を見ていると参議院選挙への関心は、それほど高まっている感じを受けませんでした。
駅頭を終えて、市役所で6月議会に向けた議会運営委員会に出席。
改選後初の定例会ということもあって、正副委員長の互選に始まり議会運営の議事日程や順序などを協議しました。
夕方、車を置きに帰り、友人の市議と浦和での会議に出席。
地方自治体議員が県内各地から集まり、山根隆治参議院議員への支援を具体的に行っていくための打ち合わせを行いました。
参加者からは、国会議員も若年齢化が進む中、山根議員には市議・県議と地方議員としての経験に裏打ちされた行動力と実績を国政でもっと発揮してもらわなくてはいけないとの意見が多く出されました。
定例議会も抱え限られた時間しか残されていませんが、それぞれに支援策を展開していくことを確認して会議を閉じました。

6月4日(月)
東武東上線霞ヶ関駅南口で駅頭活動。
年金問題関連のチラシを配布させていただきました。
午前10時から山根事務所の会議に出席してから、川越にとんぼ返り。
川越市内で何箇所か政治活動用のポスターを貼り付けながら、市役所へ。
事務仕事を一段落させてから、6月議会の質問の準備をしました。
明日は、6月議会に向けた議会運営委員会が開催されます。
このままの予定で行くと、参議院議員選挙の公示までいよいよあと1か月となってきました。

6月3日(日)
大宮駅西口で山根隆治参議院議員の国政報告・駅頭活動に参加。
明日の午後1時過ぎから参議院本会議で山根議員が民主党として代表質問に立つということで、年金問題のチラシを配布しました。
照りつける太陽の下、2時間の活動となりましたが思っていたよりも多くの方がチラシを受けとってくれ、激励してくれました。
一生懸命に働いて納めた年金保険料の記録がいつの間にか無くなり、本来もらえるはずの年金がもらえないなんて、誰が考えてもおかしな話です。
まして、我々が納めた保険料を訳の分からない保養所などの施設建設に流用してきた社会保険庁の責任は、組織の解体なんかで収まる話ではありません。
私なんかは、受給年齢までまだ34年もありますが、ここまでくると年金額への不安というよりも、私達が年金受給年齢になる頃には、この制度は無くなっているのではないかという諦めすら感じてしまいます。
こんな状態で政府に、「少子高齢化だ」、「子どもをもっと産んでくれ」なんて言われても本気で考える人は皆無でしょう。

6月2日(土)
ソフトバレーボールの練習に参加。
今回は強力な助っ人を一人連れての参加となりました。
体育館の中は蒸し風呂状態で、練習が終わった後は1週間で体内に溜まったものが全て汗で流れ出た感じでした。
この際なので、ソフトバレーボールのチームを新しく作っていきたいと考えています。
ソフトバレーボールに興味のある方は是非、メールでご連絡の上、ご参加いただければと思います。

6月1日(金)
片野ひろたかサポーターズクラブの幹事会を開催。
20数名の参加でした。
途中、山根隆治参議院議員にも来ていただき、ご挨拶をいただきました。
今後は気軽に参加してもらえるようなオープンミーティング形式で市政報告・意見交換の場を定期的に持ちたいと思います。