1月31日(月)
 党本部から政党支部に下りてくる政党交付金の使途報告を提出する期限が今日でした。
 党本部経理局からは「早くしろ!」と急かされるし、私のパソコンを打つスピードはあがらないしということで、終わってFAXで提出できたのが夕方5時を超えていました。
 久しぶりにストレスが溜まった一日でした。

1月30日(日)
 戸田市議会議員選挙の投票日でした。
 今回の選挙には、民主党公認で2名の候補者が立候補していました。
 結果は2名とも当選でしたが、その中でも私が所属する民社協会(旧民社党)の大先輩である高橋秀樹候補が3位当選という好成績での当選にびっくりすると共に敬服してしまいました。
 年齢は50代半ばですが、今回7期目の挑戦というハンデも物ともせずに高位当選されました。
 なかなか応援にいけなかったのですが、心からお祝い申し上げます。

1月29日(土)
 税理士と政治団体の収支報告の打ち合わせをした後、枝野幸男代議士の公設第1秘書の片山さんと武正功一代議士秘書の安藤さんの他数名と共に、夕食を一緒にとりました。
 政治談議に盛り上がりながら、気を使わない仲間との時間がお酒をたくさん飲ませてくれました。
 帰りにラーメンを食べたら、気分が悪くなりました。

1月28日(金)
 日清紡川越工場のNさんとFさんと新年会を兼ねた懇談会をしました。
 普段スーツでお会いする事が殆どなのですが、今回は私も私服で参加しました。
 会話も弾み楽しい時間を過ごせました。

1月27日(木)
 政治家なら誰でも持っている政治団体の収支報告のシーズンがやってきたました。
 平成16年の収支を県の選挙管理委員会に報告するのですが、この作業が面倒極まりないのです。
 帳簿と領収書を整理しながら項目ごとに区分していく作業をしながら、何で早くからきちんと分けておかなかったのだろうと自己嫌悪に陥ることの繰り返しの日々でした。

1月26日(水)
 市役所にいくと顔見知りの職員さんから「市長選お疲れ様でしたね。」と声を掛けられる。
 実際、自分の選挙より疲れた気がしました。
 今回の市長選の投票率は32%でしたが、市の職員はどれぐらい投票に行ったのか?ふと疑問に感じました。

1月25日(火)
 厚生常任委員会の継続審査と国保運営協議会に出席してきました。
 厚生常任委員会では請願2件の審査がありましたが、私立保育所への支援充実に関する請願は請願者より取り下げられたので、池袋西口場外車券売り場についての請願を審査しました。
 縷々質疑が行われましたが、今回も継続して審査していく事で一致しました。
 午後から、国保運営協議会に出ました。会長・副会長を互選で決めた後、川越市立国保診療所の今後の在り方について川越市より説明を受けました。
 今回は市よりの説明と関係資料を持ち帰り、次回より審議していくこととなり閉会しました。

1月24日(月)
 川越市長選挙で民主党で推薦していた岩崎真人候補は2万2千票の得票を得ながらも惜敗してしまいました。
 32%という低投票率に、心が痛くなりました。
 川越市内約27万人の有権者のうち、およそ8万人しか投票にいかなかった計算になります。
 全国的に選挙に対する投票率が下がってきている現実に対し、有効な対策が必要になってきているのではないでしょうか?

1月23日(日)
 朝から冷たい空気が肌を撫でています。
 午前中に戸田市議会議員選挙に立候補している高橋秀樹(芸能人ではありません)候補の出陣式にお邪魔してきました。
 公営掲示板に張り出されているポスターを見ると、29歳の候補が2人もいてびっくりしてしまいました。
 議会議員の世代交代が始まっている自治体は、街自体も活気があるように見えるのは私だけでしょうか?

1月15日(土)
 明日から川越市長選挙が始まります。
 川越市民33万人の内、有権者数は約27万人に及びます。
 わが町の市長を選ぶ大事な選挙です。是非投票に行きましょう。
 公職選挙法の関係上、市長選挙の期間中はホームページの書き換えができませんのでご容赦ください。

1月14日(金)
 霞ヶ関北地区にある老人会「福寿会」の新年会に出席してきました。
 私の祖父母くらいの年齢の方々と楽しい時間を過ごしてきました。
 元気な高齢者が増えていく反面、その世代を支えていく若年層が激減しているのが実態です。
 第3次ベビーブームとまではいかないまでも、早急な対策は不可欠だと改めて感じました。

1月13日(木)
 上福岡にある新日本無線労組にお邪魔してきました。
 ちょうどそこに中央労金川越支店長がいたので、暫く雑談をしてきました。
 支店長に「僕が家を建てる時、ローンを組んでくれますか?」と聞いたら、「ん”〜。どうしようかな。」と言われ手しまいました。
 果たして僕は我が家を持てるのでしょうか。こうご期待。。

1月12日(水)
 久しぶりにゆっくりできた一日でした。
 あいもかわらず洗濯と掃除に追われ、どうしてこんなにすぐ散らかるのかと自問自答しながら一日が終わりました。

1月11日(火)
 朝から議会運営委員会に出席。
 平成17年度議会予算について話し合いました。
 議会予算の9割近くが条例などで決められたものなので、たいして時間もかかりませんでした。
 午後から市長選挙の準備に追われ、家に着いたのが午前0時を超えていました。
 このペースだと体を壊すと感じました。

1月10日(月)
 川越市の成人式が開催されました。
 色とりどりの着物姿の新成人たちはそれぞれの同窓生達と俄か同窓会をしていました。
 学校を卒業してから暫く会わなかった友人と久しぶりに会う楽しさを自分も思い出しました。
 式典自体もテレビで報道されているような騒ぎもなく、スムーズな進行で40分くらいで終了し閉会しました。
 自分の成人式からもう10年近く経つ事が恐ろしく感じた1日でした。

1月9日(日)
 友人の小林亮君の結婚式の2次会に参加。
 同い年で既に自分の会社を立ち上げて頑張っています。
 看板などのディスプレイの会社ですが、僕の選挙のときにも大活躍してくれました。
 21歳の若い奥さんを貰って幸せそうな顔に、みんなで大量のお酒を飲ませてきました。

1月8日(土)
 川越市神明町にできた、川越市長選挙に出馬予定のI候補の事務所開きに出席してきました。
 50人くらいの簡素な式でしたが、スタッフの熱気で事務所内は盛り上がっていました。
 16日から始まる市長選挙に向けて、各陣営も最後の準備に入ろうとしています。

1月7日(金)
 川越市総合計画審議会に出席。
 平成18年度から平成27年度までの10年間の川越市の基本計画を策定する会議です。
 委員の一人として会議に出席していますが、分野が多岐に亘っているので会議毎に分野を絞って審議されていきます。
 今回の会議では、第二次総合計画の達成度と手付かずの施策の洗い出しを行いました。
 今年1年間をかけて、計画が作られていく予定です。

1月6日(木)
 連合埼玉の旗開きに出席。
 県内の推薦議員の方々と一堂に会する数少ない機会でした。
 吉沢会長の今後の組合活動の方針を聞いた後、来賓挨拶が続き、乾杯するまで1時間近くいろんな人の挨拶を聞いていました。
 その中で山根隆治参議院議員の挨拶はヤッパリ上手いと一人で感心していました。

1月5日(水)
 山根議員の秘書時代からお付き合いがあり、私が市会議員に立候補するときに会社を挙げて応援してくれた壽グループの新年会に出席してきました。
 車だったのでお酒は飲めませんでしたが、和気藹藹とした雰囲気の中で楽しい時間を過ごせました。

1月4日(火)
 寒風が吹き荒れるなか、川越市長選挙に立候補表明している各陣営を推薦する団体の街宣車が川越市内を走り回っています。
 12年ぶりの川越市長選挙。
 時代の急速な流れに対応していくためには、柔軟な発想と市民ニーズをきちんと捕らえる謙虚さが求められます。
 そして何より大事なのは、33万市民を導いてゆく圧倒的な指導力と先見性だと思います。
 市民にとって一番良い市長を選ぶには、まずは投票に行きましょう。

1月3日(月)
 明日からお仕事の方も多いと思いますが、この仕事をしているとお正月も何もあったもんじゃありません。
 民主党の宣伝車に乗せられて、新春のあいさつをマイクを握ってしてきました。
 こうした日々の活動が少しずつ支持者を増やしていると自分に思い込ませて川越市内を駆けずり回ってきました。

1月2日(日)
 私が子供の頃は、お正月といえばどこのお店も休みで、街中に出ても人影はまばらでした。
 最近はお正月でも開店しているお店が多く、昔の静かなお正月のイメージは吹っ飛んでしまったように思えてなりません。
 便利になったという言葉で片付けてしまうのは簡単ですが、1年のうちの数日ぐらいはひっそりとした静かな日があっても良いのではないかと感じています。

1月1日(土)
 2005年が静かに幕を明けました。
 昨年を象徴する字は「災」でしたが、「今年は災い転じて福となす」の精神で頑張りましょう!